ハッピー将棋タイムズ

当サイトは、将棋界に関する情報の5chやTwitterの声をまとめています。



    渡辺和史五段、個人7連勝を達成!公式戦全敗の相手にも完勝で師匠「強い!過去一番の出来」と絶賛/将棋・ABEMA師弟トーナメント
     目の前で結果を上げ成長していく弟子に、師匠は諸手を挙げて喜んだ。8組の師弟により“最強の師弟”を決める超早指し戦「ABEMA師弟トーナメント202…
    (出典:ABEMA TIMES)


    渡辺 和史(わたなべ かずし、1994年10月6日 - )は、東京都新宿区出身の将棋棋士。東京都立白鷗高等学校・附属中学校、大正大学文学部歴史学科(日本コース)卒業。豊川孝弘七段門下。棋士番号は319。 1999年(5歳頃)、父が突然仕事帰りに将棋の盤と駒を買ってきた事がきっかけに始める。…
    6キロバイト (797 語) - 2023年1月15日 (日) 14:33


    目の前で結果を上げ成長していく弟子に、師匠は諸手を挙げて喜んだ。8組の師弟により“最強の師弟”を決める超早指し戦「ABEMA師弟トーナメント2022」の準決勝第1試合、チーム深浦 対 チーム豊川が1月28日に放送された。豊川孝弘七段(55)門下の渡辺和史五段(28)は、予選・準決勝の3戦で7連勝を達成。公式戦で3連敗を喫しているチーム深浦の佐々木大地七段(27)にも圧巻の指し回しを見せて白星を奪うと、豊川七段からは「強い!過去一番の出来」と絶賛の声が上がった。
    (ABEMA TIMES)

    【【ABEMA師弟トーナメント】渡辺和史五段、個人7連勝を達成!!~~~。】の続きを読む


    藤井 聡太(ふじい そうた、2002年〈平成14年〉7月19日 - )は、将棋棋士。杉本昌隆八段門下。棋士番号は307。愛知県瀬戸市出身。血液型はA型。 2016年に史上最年少(14歳2か月)で四段昇段(プロ入り)を果たすと、そのまま無敗で公式戦最多連勝記録(29連勝)を樹立した。その後、最年少一…
    223キロバイト (27,688 語) - 2023年1月31日 (火) 05:28


    日本将棋連盟は2023年1月31日、将棋世界Special『藤井聡太BOOK2023―不敗の王者が望む盤上の景色』(発行=日本将棋連盟、販売=マイナビ出版)を発売した。
    (マイナビニュース)

    【【将棋世界Special】藤井聡太BOOK2023が発売に!!~~~。】の続きを読む



    豊川孝弘七段、プロ入り同期の深浦康市九段に「昔は憎たらしかったけど本当強ぇな」火花散るライバル対決/将棋・ABEMA師弟トーナメント
     バチバチのライバル対決は深浦康市九段(50)に軍配が上がった。8組の師弟により“最強の師弟”を決める超早指し戦「ABEMA師弟トーナメント2022…
    (出典:ABEMA TIMES)


    ABEMAトーナメント(アベマトーナメント)は、ABEMA・将棋チャンネルで配信される将棋の棋戦(非公式戦)。 ABEMA将棋チャンネルのオリジナル番組第3弾。永世七冠を達成し、国民栄誉賞も受賞した羽生善治の着想による、持ち時間が増減する「AbemaTVルール」を採用して実施される棋戦。トーナメン…
    36キロバイト (2,913 語) - 2023年1月21日 (土) 22:44


    バチバチのライバル対決は深浦康市九段(50)に軍配が上がった。8組の師弟により“最強の師弟”を決める超早指し戦「ABEMA師弟トーナメント2022」の準決勝、チーム深浦 対 チーム豊川が1月28日に放送された。プロ入り同期の豊川孝弘七段(55)と深浦九段が第1局で激突。深浦九段が激戦を制すると、豊川七段は「昔は憎たらしかったけど本当強ぇな!」と複雑な表情で一局を振り返った。
    (ABEMA TIMES)

    【【ABEMA師弟トーナメント】豊川孝弘七段、プロ入り同期の深浦康市九段と火花散らす!!~~~。】の続きを読む



    フレンチやラーメンも…名古屋将棋対局場 2月から対局者が食事のデリバリー注文可能に ビル内5店舗対象
     愛知県瀬戸市出身の藤井聡太五冠の活躍を受けて設営された「名古屋将棋対局場」で、2月1日の対局から食事のデリバリーができるようになりました。  名古…
    (出典:東海テレビ)


    将棋会館(しょうぎかいかん)は、日本将棋連盟の本部のある建物。 同じく連盟が所有する北海道将棋会館(ほっかいどうしょうぎかいかん)や、公式対局の行われる名古屋将棋対局場(なごやしょうぎたいきょくじょう)についても本記事で紹介する。関西将棋会館については、当該記事を参照。…
    28キロバイト (3,814 語) - 2023年1月27日 (金) 05:13


    愛知県瀬戸市出身の藤井聡太五冠の活躍を受けて設営された「名古屋将棋対局場」で、2月1日の対局から食事のデリバリーができるようになりました。

     名古屋将棋対局場は、名古屋駅前のミッドランドスクエア25階のトヨタ自動車のオフィスの中にあり、持ち時間が長い順位戦の対局が行われています。

     藤井五冠をはじめとした地元出身棋士のほか、関東、関西所属の棋士も利用していて、これまで昼食と夕食は日本将棋連盟が用意した弁当を提供していました。

     連盟によりますと、2月1日の対局から食事のデリバリーができるようになるといい、対局者はミッドランドスクエア内にある蔵人厨ねのひ、南翔饅頭店、ビストロ イナシュヴェ、人形町今半、FUJIYAMA55 MIDLANDRAMENSTANDの5つの店舗から好きなメニューを注文することができます。

     デリバリーの受け取りはビル内のセキュリティの関係上、連盟の職員が行い、弁当の提供も今年3月いっぱいまでは続けるということです。
    (東海テレビ)

    【【ますます便利に】名古屋将棋対局場 で対局者がデリバリー注文可能に!!~~~。】の続きを読む

    最新版

    増田 康宏(ますだ やすひろ、1997年11月4日 - )は、将棋棋士。森下卓九段門下。棋士番号は297。東京都昭島市出身。 5歳の時に、母親に買ってもらったボードゲームセットに将棋が含まれていたことが、将棋を覚えたきっかけである。小学校に入る頃には両親では相手にならなくなり、羽生善治らを輩出した…
    21キロバイト (3,189 語) - 2023年1月20日 (金) 21:35
    熱戦でした。勝利した増田六段は次戦で井田明宏四段と狩山幹生四段戦の勝者と対戦。

    602 名無し名人 (アウアウウー Sa47-shJv) :2023/01/31(火) 16:56:52.99ID:ER1LJ+g0a
    まっすーも秒読みか
    2人ともがんばれ

    【【新人王戦】増田康宏六段が貫島永州三段に勝利!!~~~。】の続きを読む


    呼び名は「そうちゃん?」 杉本一門女子が藤井聡太竜王を語る
    …藤井聡太竜王の師匠・杉本昌隆八段は、東海地方への将棋普及に尽力した名門・板谷一門の系譜にあたります。この系譜を継いだ杉本昌隆門下は、家族のように仲よ…
    (出典:マイナビニュース)


    振り飛車党の棋士として知られ、特に四間飛車・中飛車を得意とする。板谷一門は、「振り飛車はよくない」、「若いうちは居飛車でいきなさい」という考え方の一門であった。杉本は奨励会に入った当初、居飛車党であったが、2年間6級のままであったことと、自分の武器は体力だと知ったことから、振り飛車党に転じた。 杉本
    13キロバイト (1,882 語) - 2023年1月31日 (火) 08:45


    ――普段はどう呼んでいるんですか。

    室田 昔はそうちゃん。今は藤井くんです。

    中澤 私ももうそうちゃんとは呼べないなー。

    室田 呼んでみてよ(笑)。

    中澤 いやー(笑)。もう解説会とかで藤井先生って言うのが習慣づいちゃって。直接会った時はアイコンタクトで話しかけるから名前呼ぶこともないです。

    室田 向こうからも名前で呼ばれないよね。二人で話している時は沙耶ちゃんのこと中澤さんって言ってたよ。

    中澤 伊緒ちゃんのこと何て言ってたかは覚えてないな。

    室田 裏で何て呼んでるか今度聞いてみて。

    ――ちなみに室田女流二段の「女帝」という愛称はどこから?

    室田 糸谷さん(哲郎八段)が言い出しました。私は認めてません!

    ――藤井竜王に愛称をつけるなら?

    室田 えーなんだろう。足が速いからそれにちなんだ名前?

    中澤 異次元?って感じかな。アニメとか創作を超えているから。

    ――杉本一門は新年会をされていると伺いました。

    室田 私が入門する前からやっていました。前はみんなで将棋指してお鍋を食べていましたが、今はこのご時世なのでお鍋はやっていないです。少し前は藤井竜王相手に、三段優先で順番順番に対戦していました。

    中澤 以前は普通にグットッパーで分かれて対局していましたね。

    ――ぐっとっぱー?

    中澤 えっ言わないですか??

    室田 私はグッピーラムネだった。みんなよくわからず出してたかも(笑)。私が入門した時は4人だったんですが、今は10人以上になったので、2日に分けて指したりしていました。

    中澤 今年は日程をずらしての開催でしたが、藤井竜王はお正月に高崎(上州将棋祭り)にいくし、その後も王将戦と忙しいので参加できないですね。

    室田 4日に奨励会もあり、今年は開催自体がぎりぎりまで未定で。やらなかったら「損だよね」と藤井竜王が話していました。20歳以下の門下生には師匠が毎年お年玉をあげていたんですが、会がなかったらもらえないから。自分は去年最後のお年玉をもらっていたから「セーフ」って。
    (マイナビニュース)

    【【杉本一門女子会】藤井聡太竜王、なんと「そうちゃん」の愛称で呼ばれていた!!~~~。】の続きを読む

    最新版

    藤本 (ふじもと なぎさ、2005年〈平成17年〉7月18日 - )は、将棋棋士。井上慶太九段門下。棋士番号は333。香川県高松市出身。2022年10月四段昇段時に伊藤匠を抜いて現役最年少棋士になる。2014年4月には小学校3年生・8歳でアマチュア竜王戦香川県予選優勝を果たしており、同大会史上最年少の都道府県代表になっている。…
    23キロバイト (3,061 語) - 2023年1月27日 (金) 21:25
    おつおめ。勝った藤本四段は次戦で今泉五段と対戦。なおこれでデビューから無傷の6連勝。すごいね。

    426 名無し名人 (クスマテ MM06-8iPd) :2023/01/31(火) 18:50:56.65ID:r/SPQvJ8M
    将棋って面白いわ

    【【棋王戦予選】藤本渚四段が大石直嗣七段に勝利!!~~~。】の続きを読む


    「よーし!」弟子の勝利に深浦康市九段がペットボトルを“全力シェイク” 興奮ぶりが話題に「フカーラさんかわいいw」「シャカ浦先生」/将棋・ABEMA師弟トーナメント
     師匠の脳内は、さながら“シャンパンシャワー”だった!?8組の師弟により“最強の師弟”を決める超早指し戦「ABEMA師弟トーナメント2022」の準決…
    (出典:ABEMA TIMES)


    深浦 康市(ふかうら こういち、1972年2月14日 - )は、日本将棋連盟所属の将棋棋士である。棋士番号201。長崎県佐世保出身。花村元司九段門下。愛称は「地球代表」。 1984年に奨励会に入会。5級昇級に1年かかったがその後は順調に昇級・昇段し、1991年10月1日に19歳でプロデビュー(四段昇段)を果たす。…
    34キロバイト (5,356 語) - 2023年1月20日 (金) 21:30


    匠の脳内は、さながら“シャンパンシャワー”だった!?8組の師弟により“最強の師弟”を決める超早指し戦「ABEMA師弟トーナメント2022」の準決勝第1試合、チーム深浦 対 チーム豊川が1月28日に放送された。チーム深浦の佐々木大地七段(27)は、予選突破が決まる最終局で勝利。しかし本人よりも喜んだのが師匠の深浦康市九段(50)だった。満面の笑みで握りしめていたペットボトルを勢いよく全力シェイク。この様子にファンは「フカーラさんかわいいw」「シャカ浦先生」と爆笑していた。
    (ABEMA TIMES)

    【【ABEMA師弟トーナメント】弟子の勝利に深浦康市九段が歓喜の”シェイク”!!~~~。】の続きを読む


    渡辺 (わたなべ あきら、1984年4月23日 - )は、将棋棋士。タイトル通算獲得数は、羽生善治、大山康晴、中原誠に次ぎ歴代4位で、永世竜王・永世棋王の資格を保持。所司和晴七段門下。棋士番号235。葛飾区立宝木塚小学校、聖学院中学校・高等学校出身。 小学校1年生の頃、アマ五段の父に教えられ将棋を…
    87キロバイト (12,671 語) - 2023年1月19日 (木) 06:08
    いよいよ王位戦本戦リーグが始まった。両対局者、おつおめ。

    2 名無し名人 (ワッチョイ 3e2d-+fxD) :2023/01/31(火) 16:36:25.93ID:KItQe5tz0
    王位リーグ開幕
    【対局予定】
    本日1月31日(火) 白組
    ☗渡辺明―池永天志☖ ABEMA 携帯中継 関西将棋会館

    情報ライブ第64期王位戦挑戦者決定リーグ白組1回戦 渡辺明名人 対 池永天志五段
    1月31日(火) 09:50 ~ 23:00
    https://abema.tv/channels/shogi/slots/8ZHHQFec6Gu5zP

    【【王位戦本戦リーグ】渡辺明名人が池永天志五段に勝利し1勝0敗!!~~~。】の続きを読む



    深浦康市九段・佐々木大地七段、フルセットの激戦制し決勝一番乗り「去年行けなくて、素直に嬉しい」/将棋・ABEMA師弟トーナメント
     長崎の熱き師弟コンビが、頂点にあと1つだ。8組の師弟により“最強の師弟”を決める超早指し戦「ABEMA師弟トーナメント2022」の本戦トーナメント…
    (出典:ABEMA TIMES)


    ABEMAトーナメント(アベマトーナメント)は、ABEMA・将棋チャンネルで配信される将棋の棋戦(非公式戦)。 ABEMA将棋チャンネルのオリジナル番組第3弾。永世七冠を達成し、国民栄誉賞も受賞した羽生善治の着想による、持ち時間が増減する「AbemaTVルール」を採用して実施される棋戦。トーナメン…
    36キロバイト (2,913 語) - 2023年1月21日 (土) 22:44


    試合後、深浦九段は「去年は決勝に行けなかったんで、初の決勝で素直にうれしいです」と喜ぶと、佐々木七段も「昨年は準決勝で敗れて苦い思い出があったので、決勝を師匠と戦えてよかったです」と、勝負の最終局を制した安堵感に包まれていた。対局中に気合を入れようと自分の頬を激しく叩き、顔を紅潮させながら戦う深浦九段と、それを見て育った佐々木七段。将棋のことでは厳しいが、盤を離れれば一緒にスポーツを楽し、Twitterを共同運営するほど仲良しでもある。2代目最強師弟となった時に飲み交わす美酒は、やはり2人の地元・長崎の銘酒か。
    (ABEMA TIMES)

    【【ABEMA師弟トーナメント】深浦康市九段・佐々木大地七段、フルセットの激戦制し決勝へ!!~~~。】の続きを読む

    このページのトップヘ