王位戦(おういせん)は、新聞3社連合(北海道新聞社、中日新聞社、神戸新聞社、徳島新聞社、西日本新聞社)及び日本将棋連盟が主催する将棋の棋戦で、タイトルのひとつ。七番勝負の勝者は王位のタイトル称号を得る。 1954年に産経新聞社主催の一般棋戦「産経杯」が準タイトル「早指し王位戦」(早指し王位
53キロバイト (3,416 語) - 2022年6月29日 (水) 08:17


終局後、藤井王位は「攻めの手段もいろいろある中で、本譜のような形になる可能性もあるのかなとは思っていましたが、難しいと思って指していました。攻め込まれてかなり怖い展開が続いていて、(豊島九段の竜引きの一手は)形勢難しいと思っていたが、そのあたりの判断で形勢を損ねてしまったので反省点だと思う」と話し、肩を落とした。(ABEMA TIMES)





はぼしも2
@haboshimo2_dayo

【王位戦視聴⑯】藤井王位が投了した。第一局は豊島九段の快勝譜だった。終局後のインタビューでは1八香成と7五歩がまずかったのではないかと藤井王位。悪くなったところをピタリと当てる、その形勢判断力が負けたとはいえ流石だなと感心させられ… https://t.co/zjbKbauQiQ

2022-06-30 02:18:10

(出典 @haboshimo2_dayo)