ハッピー将棋タイムズ

当サイトは、将棋界に関する情報の5chやTwitterの声をまとめています。

    カテゴリ:棋戦 > ABEMAトーナメント



    木村一基九段が空を飛んだ!?師弟でハンモックヨガに挑戦し「逆さですけど心地いい」/将棋・ABEMA師弟トーナメント
     アクロバティックな指し回しで敵を圧倒する!?8組の師弟により“最強の師弟”を決める超早指し戦「ABEMA師弟トーナメント2022」は本戦準決勝が進…
    (出典:ABEMA TIMES)


    木村 一基(きむら かずき、1973年6月23日 - )は、将棋棋士。佐瀬勇次名誉九段門下。棋士番号は222。千葉県四街道市出身。亜細亜大学経営学部卒業。王位1期、竜王戦1組通算12期、順位戦A級通算5期。 幼稚園のころ、近所に住む友人から将棋の駒の動かし方を教わる。両親も将棋のルールは知っている…
    31キロバイト (5,011 語) - 2022年10月17日 (月) 23:47


    アクロバティックな指し回しで敵を圧倒する!?8組の師弟により“最強の師弟”を決める超早指し戦「ABEMA師弟トーナメント2022」は本戦準決勝が進行中。悲願の予選突破を決めたチーム木村の木村一基九段(49)&高野智史六段(29)師弟は、より激戦が見込まれる本戦に向けて「ハンモックヨガ」で身体を整えた。
    (ABEMA TIMES)

    【【ABEMA師弟トーナメント】木村一基九段が空を飛んだ!!~~~。】の続きを読む



    渡辺和史五段、個人7連勝を達成!公式戦全敗の相手にも完勝で師匠「強い!過去一番の出来」と絶賛/将棋・ABEMA師弟トーナメント
     目の前で結果を上げ成長していく弟子に、師匠は諸手を挙げて喜んだ。8組の師弟により“最強の師弟”を決める超早指し戦「ABEMA師弟トーナメント202…
    (出典:ABEMA TIMES)


    渡辺 和史(わたなべ かずし、1994年10月6日 - )は、東京都新宿区出身の将棋棋士。東京都立白鷗高等学校・附属中学校、大正大学文学部歴史学科(日本コース)卒業。豊川孝弘七段門下。棋士番号は319。 1999年(5歳頃)、父が突然仕事帰りに将棋の盤と駒を買ってきた事がきっかけに始める。…
    6キロバイト (797 語) - 2023年1月15日 (日) 14:33


    目の前で結果を上げ成長していく弟子に、師匠は諸手を挙げて喜んだ。8組の師弟により“最強の師弟”を決める超早指し戦「ABEMA師弟トーナメント2022」の準決勝第1試合、チーム深浦 対 チーム豊川が1月28日に放送された。豊川孝弘七段(55)門下の渡辺和史五段(28)は、予選・準決勝の3戦で7連勝を達成。公式戦で3連敗を喫しているチーム深浦の佐々木大地七段(27)にも圧巻の指し回しを見せて白星を奪うと、豊川七段からは「強い!過去一番の出来」と絶賛の声が上がった。
    (ABEMA TIMES)

    【【ABEMA師弟トーナメント】渡辺和史五段、個人7連勝を達成!!~~~。】の続きを読む



    豊川孝弘七段、プロ入り同期の深浦康市九段に「昔は憎たらしかったけど本当強ぇな」火花散るライバル対決/将棋・ABEMA師弟トーナメント
     バチバチのライバル対決は深浦康市九段(50)に軍配が上がった。8組の師弟により“最強の師弟”を決める超早指し戦「ABEMA師弟トーナメント2022…
    (出典:ABEMA TIMES)


    ABEMAトーナメント(アベマトーナメント)は、ABEMA・将棋チャンネルで配信される将棋の棋戦(非公式戦)。 ABEMA将棋チャンネルのオリジナル番組第3弾。永世七冠を達成し、国民栄誉賞も受賞した羽生善治の着想による、持ち時間が増減する「AbemaTVルール」を採用して実施される棋戦。トーナメン…
    36キロバイト (2,913 語) - 2023年1月21日 (土) 22:44


    バチバチのライバル対決は深浦康市九段(50)に軍配が上がった。8組の師弟により“最強の師弟”を決める超早指し戦「ABEMA師弟トーナメント2022」の準決勝、チーム深浦 対 チーム豊川が1月28日に放送された。プロ入り同期の豊川孝弘七段(55)と深浦九段が第1局で激突。深浦九段が激戦を制すると、豊川七段は「昔は憎たらしかったけど本当強ぇな!」と複雑な表情で一局を振り返った。
    (ABEMA TIMES)

    【【ABEMA師弟トーナメント】豊川孝弘七段、プロ入り同期の深浦康市九段と火花散らす!!~~~。】の続きを読む


    「よーし!」弟子の勝利に深浦康市九段がペットボトルを“全力シェイク” 興奮ぶりが話題に「フカーラさんかわいいw」「シャカ浦先生」/将棋・ABEMA師弟トーナメント
     師匠の脳内は、さながら“シャンパンシャワー”だった!?8組の師弟により“最強の師弟”を決める超早指し戦「ABEMA師弟トーナメント2022」の準決…
    (出典:ABEMA TIMES)


    深浦 康市(ふかうら こういち、1972年2月14日 - )は、日本将棋連盟所属の将棋棋士である。棋士番号201。長崎県佐世保出身。花村元司九段門下。愛称は「地球代表」。 1984年に奨励会に入会。5級昇級に1年かかったがその後は順調に昇級・昇段し、1991年10月1日に19歳でプロデビュー(四段昇段)を果たす。…
    34キロバイト (5,356 語) - 2023年1月20日 (金) 21:30


    匠の脳内は、さながら“シャンパンシャワー”だった!?8組の師弟により“最強の師弟”を決める超早指し戦「ABEMA師弟トーナメント2022」の準決勝第1試合、チーム深浦 対 チーム豊川が1月28日に放送された。チーム深浦の佐々木大地七段(27)は、予選突破が決まる最終局で勝利。しかし本人よりも喜んだのが師匠の深浦康市九段(50)だった。満面の笑みで握りしめていたペットボトルを勢いよく全力シェイク。この様子にファンは「フカーラさんかわいいw」「シャカ浦先生」と爆笑していた。
    (ABEMA TIMES)

    【【ABEMA師弟トーナメント】弟子の勝利に深浦康市九段が歓喜の”シェイク”!!~~~。】の続きを読む



    あーあ、やっちゃったなー 藤井聡太竜王、失意の敗戦 控室で一人、扇子をくるくるぽーん「なんだ今の貴重な映像は」「脳内反省会中」/将棋・ABEMA師弟トーナメント
    …に放送された。第3局はチーム木村・木村一基九段(49)とチーム杉本・藤井聡太竜王(王位、叡王、王将、棋聖、20)の対戦となったが、中盤まで優勢だった藤…
    (出典:ABEMA TIMES)


    扇子(せんす)とは、扇(あお)いで風を起こす道具の一つ。また、儀礼や芸能で用いられる。古くは扇(おうぎ)と呼ぶのが普通であった。「おうぎ」という言葉は古くは「あふぐ」(扇ぐ)の派生形の「阿布岐」(あふぎ)と呼ばれたが、日本語の変化によって関連が分かりにくくなった。…
    31キロバイト (4,972 語) - 2022年12月13日 (火) 11:26


    痛恨のミスを思い出したのか、何度も扇子を放り投げた。8組の師弟により“最強の師弟”を決める超早指し戦「ABEMA師弟トーナメント2022」の予選Bリーグ2位決定戦、チーム木村 対 チーム杉本が1月21日に放送された。第3局はチーム木村・木村一基九段(49)とチーム杉本・藤井聡太竜王(王位、叡王、王将、棋聖、20)の対戦となったが、中盤まで優勢だった藤井竜王にミスが出ると、挽回がきかず木村九段が勝利した。すると第4局の最中、控室で藤井竜王は寂しそうに手にしていた扇子をくるくる回したり、放り投げたりの連続技で、ファンから注目された。
    (ABEMA TIMES)

    【【藤井聡太竜王】控室で扇子を華麗に弄ぶ姿にファン注目!!~~~。】の続きを読む



    チェンバロに鷹狩り…佐藤天彦九段の“貴族のたしなみ”に師匠もファンも驚き「すごすぎるんですけど!」「なんか勉強になった」/将棋・ABEMA師弟トーナメント
     そんなこともできちゃうの!?トップ棋士の“貴族”のたしなみにファンから驚きの声が上がった。8組の師弟により“最強の師弟”を決める超早指し戦「ABE…
    (出典:ABEMA TIMES)


    貴族体験ツアーですって。

    【【佐藤天彦八段】貴族のたしなみに師匠もびっくり!!~~~。】の続きを読む



    佐藤天彦九段「ほう…あれ?うーん?」控室での素の表情にファン「リアクションw」「かわいいなw」/将棋・ABEMA師弟トーナメント
     対局中の脳内もこうなっている?8組の師弟により“最強の師弟”を決める超早指し戦「ABEMA師弟トーナメント2022」の予選Bリーグ1回戦第1試合、…
    (出典:ABEMA TIMES)


    佐藤 天彦(さとう あまひこ、1988年1月16日 - )は、将棋棋士。中田功八段門下。棋士番号は263。福岡県福岡市出身。 1998年、小学5年生の時に小学生将棋名人戦西大会で糸谷哲郎に敗れ、ベスト16。その年の9月に6級で関西奨励会入り。中学校卒業を機に上京し、千葉県の東京学館浦安高等学校を卒業。…
    30キロバイト (4,786 語) - 2022年11月21日 (月) 07:13


    対局中の脳内もこうなっている?8組の師弟により“最強の師弟”を決める超早指し戦「ABEMA師弟トーナメント2022」の予選Bリーグ1回戦第1試合、チーム深浦とチーム中田が12月31日に放送された。師匠・中田功八段(55)の対局を控室から見守る佐藤天彦九段(34)は、盤面が映されたモニターを見つめて「ほう…あれ?うーん?」。疑問符をたくさん浮かべた素の表情に、ファンからは「リアクションw」「ピコw」と多数のコメントが寄せられていた。
    (ABEMA TIMES)

    【【ABEMA師弟トーナメント】佐藤天彦九段の素の表情が「かわいい」と評判に!!~~~。】の続きを読む



    杉本昌隆八段「チーム名に違和感」愛弟子に「頼りにならんかもしれないけど…」藤井聡太竜王は「たくさん勝ってください!」とニコニコ顔/将棋・ABEMA師弟トーナメント
     五冠王の弟子を持つと、さすがに師匠も恐縮することがあるようだ。8組の師弟により“最強の師弟”を決める超早指し戦「ABEMA師弟トーナメント2022…
    (出典:ABEMA TIMES)


    ^ “杉本昌隆八段に昇段|将棋ニュース|日本将棋連盟” (日本語). www.shogi.or.jp. 2019年2月22日閲覧。 ^ “杉本八段昇段 将棋、藤井七の師匠” (日本語). 中日スポーツ・東京中日スポーツ. 2019年2月22日閲覧。 ^ “藤井七の師匠・杉本八段
    12キロバイト (1,773 語) - 2022年12月3日 (土) 08:42


    五冠王の弟子を持つと、さすがに師匠も恐縮することがあるようだ。8組の師弟により“最強の師弟”を決める超早指し戦「ABEMA師弟トーナメント2022」の予選Bリーグ1回戦第2試合が12月31日に放送された。チーム杉本は杉本昌隆八段(54)と藤井聡太竜王(王位、叡王、王将、棋聖、20)の師弟だが、「チーム杉本」という呼び名について、杉本八段が「彼の名前が前面に出ないと違和感が…」と珍コメント。これに藤井竜王は「遠慮せずにたくさん勝ってください!」と微笑むシーンが生まれた。
    (ABEMA TIMES)

    【【杉本昌隆八段】「チーム名に違和感」と恐縮も愛弟子からは暖かい言葉!!~~~。】の続きを読む


    「やっちまったよー」ベテラン棋士のまさかの頓死に解説者「フィッシャールールならではの怖さが出た」/将棋・ABEMA師弟トーナメント
     ベテラン棋士が、まさかの頓死に頭を抱えた。8組の師弟により“最強の師弟”を決める超早指し戦「ABEMA師弟トーナメント2022」の予選Bリーグ1回…
    (出典:ABEMA TIMES)


    中田 (なかた いさお、1967年7月27日 - )は、将棋棋士。福岡県福岡市中央区出身。大山康晴十五世名人門下。棋士番号は176。 中学1年でプロを目指し、福岡から上京。近代将棋社の永井英明のもとに住み込み、修行に励んだ。1980年、第5回中学生名人戦で優勝している。 1986年、18歳でプロ入り。…
    10キロバイト (1,517 語) - 2022年8月16日 (火) 13:17


     ベテラン棋士が、まさかの頓死に頭を抱えた。8組の師弟により“最強の師弟”を決める超早指し戦「ABEMA師弟トーナメント2022」の予選Bリーグ1回戦第1試合、チーム深浦VSチーム中田が12月31日に放送された。開幕戦は、深浦康市九段(50)と中田功八段(55)による師匠戦に。中田八段が得意の三間飛車で勝利を目前まで引き寄せたが、最後の最後でまさかの頓死。「やっちまったよー」と悔し気な声を上げた。
    (ABEMA TIMES)

    【【ABEMAトーナメント】中田功八段、まさかの頓死「やっちまったよー」!!~~~。】の続きを読む



    藤井聡太竜王、弟子対決に敗れる「途中でフリーズしてしまった」にファン驚き「聡太どうした」「新手出して負けた」/将棋・ABEMA師弟トーナメント
     時に「AI超え」とも呼ばれるその頭脳に、何かが生じたのか。藤井聡太竜王(王位、叡王、王将、棋聖、20)が完全に“フリーズ”する瞬間が起きた。8組の…
    (出典:ABEMA TIMES)


    藤井 聡太(ふじい そうた、2002年〈平成14年〉7月19日 - )は、将棋棋士。杉本昌隆八段門下。棋士番号は307。愛知県瀬戸市出身。 2016年に史上最年少(14歳2か月)で四段昇段(プロ入り)を果たすと、そのまま無敗で公式戦最多連勝記録(29連勝)を樹立した。その後、最年少一般棋戦優勝・タ…
    221キロバイト (27,281 語) - 2022年12月30日 (金) 04:45


    時に「AI超え」とも呼ばれるその頭脳に、何かが生じたのか。藤井聡太竜王(王位、叡王、王将、棋聖、20)が完全に“フリーズ”する瞬間が起きた。8組の師弟により“最強の師弟”を決める超早指し戦「ABEMA師弟トーナメント2022」の予選Bリーグ1回戦第2試合が12月31日に放送された。第2局、チーム杉本の藤井竜王は、チーム木村・高野智史六段(29)との弟子対決に挑んだ。現役最強の五冠王の戦いぶりに関係者、ファンも注目していたが、高野六段の積極的な指し回しの前に、よもやの敗戦。対局後には「途中でフリーズしてしまって、そこからはダメでした」と波乱の一局を振り返った。
    (ABEMA TIMES)

    【【ABEMA師弟トーナメント】藤井聡太竜王、弟子対決に敗れ、ファンも驚き!!~~~。】の続きを読む

    このページのトップヘ