ハッピー将棋タイムズ

当サイトは、将棋界に関する情報の5chやTwitterの声をまとめています。

    カテゴリ: 戦型・戦法


    久保 利明(くぼ としあき、1975年8月27日 - )は、将棋棋士。棋士番号は207。淡路仁茂九段門下。兵庫県加古川市出身。県立加古川南高校中退。日本将棋連盟棋士会副会長(2015年6月 - )。 1986年の小学生将棋名人戦でベスト4進出(準決勝で優勝者の鈴木大介に敗れる)。同年奨励会に入会。…
    34キロバイト (5,256 語) - 2022年5月26日 (木) 12:32


    逆風の中、初手合の藤井を相手に久保が採用した戦法は、もちろん振り飛車だった。

     しかも振り飛車の中でも、将棋ファンに最も親しまれている「ノーマル四間飛車」。

     誰もが驚愕した。

     それは、将棋を指す者が最初に手にする武器。ゲームなら初期装備だ。

     居飛車側の戦法の発展によりプロの世界では絶滅寸前まで追い詰められたこともあるそのノーマル四間飛車を……少年の頃に掴んだ最初の武器を、久保はずっと大切に持ち続けてきた。

     そしてコンピュータの力すら借りてチューンナップした最新最強の武器を手にする若き天才に対して、久保はその四間飛車で立ち向かったのだ。

     磨き上げた己の心と技と、そして機械の力を借りず文字通り生身の指先だけを信じて鍛え続けた振り飛車で、「さばきのアーティスト」は盤上に芸術を描いた。

     勝利という名の芸術を。
    (文春オンライン)
    久保利明 さばきの一手 (マイナビ将棋BOOKS)
    久保 利明
    マイナビ出版
    2022-01-24


    【【振り飛車一筋】久保利明九段、少年の頃に掴んだ「武器」をずっと大切に!!~~~。】の続きを読む



    将棋 > 将棋の戦法 > 振り飛車 > 中飛車 > ゴキゲン中飛車 ゴキゲン中飛車(ゴキゲンなかびしゃ、英: Gokigen Central Rook)は、将棋の戦法の一つで、飛車を5筋に振る中飛車戦法だが、「積極性」があり「5筋の位を早く取る」という特徴があるもの。略称はゴキ中飛車戦法
    43キロバイト (6,906 語) - 2022年9月9日 (金) 17:33


    ゴキゲン中飛車だけじゃないんだね。

    【【たくさんある】中飛車戦法関連書式と戦法の歴史、振り返り!!~~~。】の続きを読む



    振り飛車 > 相振り飛車 相振り飛車(あいふりびしゃ)は、将棋の戦法・戦型の一つで、二人の対局者が共に振り飛車にするもの。 △三間飛車 持ち駒 なし ▲向かい飛車 持ち駒 なし 相振り飛車の最序盤の例 両対局者が振り飛車党の場合に発生しやすいが、飛車のような展開になりやすいことから、居飛車
    41キロバイト (6,502 語) - 2022年8月1日 (月) 05:19


    確かに。女流だと逆に多いよね。

    【【なんでだろう~なんでだろう~】プロ対局で「相振り飛車」が少ないわけ!?~~~。】の続きを読む


    羽生善治九段がそうだよね。藤井聡太五冠は居飛車しかささない。昔の大山十五世名人は振り飛車だしね。中原誠十六世名人とか加藤一二三九段は居飛車。阪田三吉翁はどうだったのかな。阪田流向かい飛車っていうくらいだから結構、振り飛車党だったのかしら。実はよくわかってないです。あ、3月のライオンの主人公の子はオールラウンダーだったな。羽生先生に寄せたのかな?

    1 名無し名人 :2022/08/30(火) 09:20:44.29ID:pQOSJA7o
    オールラウンダーについて、その定義や該当する棋士、戦型及び戦術など全般について語るスレ。

    オールラウンダーの定義の案:
    居飛車、振り飛車双方の採用率が10%を越える棋士。ただし、プロ入り後に途中転向した棋士は該当しない。(例: 永瀬拓矢【振→居】、北浜健介【居→振】)

    上記に該当しそうな棋士:
    C2 杉本和陽、阿部光瑠、高田明浩、藤森哲也
    C1 石井健太郎、片上大輔、黒田尭之、都成竜馬、青嶋未来
    B2 大石直嗣、杉本昌隆、谷川浩司、中村修
    B1 該当者無し
    A 佐藤康光

    異論反論歓迎

    【【なんでもござれ】”将棋オールラウンダー”について語ろう!!~~~。】の続きを読む


    西村博之 (ひろゆきからのリダイレクト)
    移住。同年、英語圏最大の匿名画像掲示板「4chan」を買収し管理人に就任する。 ひろゆきの来歴は、2ちゃんねるの歴史であり、4chanや8chanなどCHANカルチャーの歴史でもある。以下でそれを追っていく。 ひろゆきが1999年に開設した巨大匿名掲示板群「2ちゃんねる」を「2ch.net」(現:5ちゃんねる「5ch
    286キロバイト (44,267 語) - 2022年9月9日 (金) 06:51


    具体的な戦法にまで踏み込んで語ってますね。すごい。

    【【ひろゆき氏語る】”あひる戦法”が嫌われる訳とは!?~~~。】の続きを読む


    藤森 哲也(ふじもり てつや、1987年5月9日 - )は将棋棋士、YouTuber。塚田泰明九段門下。棋士番号は285。東京都大田区出身。同区在住(2012年時点) 父は多くのアマ棋戦で活躍した藤森保。母はLPSA所属の女流棋士・藤森奈津子女流四段(以下、本項では「奈津子」と記す)。幼少時代に母に
    16キロバイト (2,375 語) - 2022年8月20日 (土) 10:17


    藤森哲也先生が明快に解説くださってます。「角換わりを制するものは相居飛車を制する」って勝ってに考えてます。

    【【徹底解説】「角換わり」の定跡と細かいカラクリ!!~~~。】の続きを読む


    将棋の戦法 > 居飛車 > 対振り飛車 > 超速3七銀 超速3七銀(ちょうそくさんななぎん)または超速▲3七銀は、将棋においてゴキゲン中飛車に対してしばしば居飛車が行う将棋の戦法として使用される急戦布陣である。2010年に升田賞を受賞した当時の新進棋士奨励会三段だった星野良生が開発した。
    9キロバイト (1,289 語) - 2021年11月21日 (日) 15:03







    自玉も薄いんだけどね。いまや中飛車といえばゴキゲン中飛車だから、この対策は一台テーマになってます。勉強がものをいうという意味ではこの超速はぜひマスターしたいものだ。

    【【ゴキ中対策】超速3七銀戦法で戦おう!!~~~。】の続きを読む



    三間飛車 > 石田流 石田流(いしだりゅう)は、振り飛車における駒組みの一つである。三間飛車からの変化の一種で、▲7五歩(後手ならば△3五歩)と突いて飛車を高位置に配置する構えを言う。 江戸時代中期に盲目の棋士・石田検校が生み出したといわれる。石田の実戦譜も残っているが、いずれも石田の負けに終わっている。
    32キロバイト (5,005 語) - 2022年8月14日 (日) 03:42


    やっぱり正統派って感じがいいですね。生粋の振り飛車党、戸辺誠先生の明快実況解説です。石田流本組、見ているだけでその形の美しさに感動です。棋書もたくさん出されてますよね。




    【【戸辺誠先生の明快解説】石田流本組はこう指せ!!~~~。】の続きを読む



    将棋の戦法 > 居飛車 > 横歩取り > 横歩取り4五角 横歩取り4五角(よこふどりよんごかく)は、将棋の横歩取りにおける戦法の一つ。後手番が採る戦法である。 相横歩取りの一部の変化と同様に序盤から激しい展開になるため短手数で決着がつくことも多い。江戸時代から存在する指し方であるが、横歩取り
    9キロバイト (2,003 語) - 2022年3月26日 (土) 19:15
    横歩取り道場〈第3巻〉4五角戦法 (東大将棋ブックス)
    所司 和晴
    毎日コミュニケーションズ
    2002-11T

    横歩取り超急戦のすべて
    飯島栄治
    マイナビ出版(日本将棋連盟発行)
    2014-03-26

    横歩取りハメ手裏定跡
    飯島 栄治
    マイナビ出版(日本将棋連盟発行)
    2016-02-16



    この戦法、深く研究すると詰みまで一気にいけるとのこと。非常に参考になる動画をあげてくださっているかたがいました。

    【【短期決戦の必勝法】「横歩取り4五角」は詰みまで研究できる!?~~~。】の続きを読む


    冨田誠也四段、カド番しのぐ快勝!「下克上」まであと1勝 熱戦はフルセットへ/将棋・ABEMAトーナメント
    …手の冨田四段が得意の中飛車(美濃囲い)を採用、後手の丸山九段は居飛車(エルモ囲い)を選んで、対抗形でスタートした。盤面中央で金駒がぶつかり合う中盤を経…
    (出典:ABEMA TIMES)


    将棋 > 囲い > Elmo囲い 将棋 > 将棋の戦法 > 居飛車 > Elmo囲い elmo囲いの一例 elmo囲いエルモがこい)とは、将棋の囲いの一つである。対抗形における居飛車側の玉形として用いられる囲いで、コンピュータ将棋ソフトのelmoが対振り飛車での居飛車側の囲いとして多く採用したことからこの呼称が定着するようになった。
    7キロバイト (1,186 語) - 2021年9月6日 (月) 07:39


    今やこれ、対振り飛車の最有力戦法、っていった言い過ぎかもしれないけど、この戦い方覚えてから、相手が四間飛車で来ると嬉しくなってます。藤森先生、結構、エルモの解説されてるんだよね。お気に入りなのかしら。

    【【藤森哲也先生】エルモ囲い右四間飛車の解説!!~~~。】の続きを読む

    このページのトップヘ