ハッピー将棋タイムズ

当サイトは、将棋界に関する情報の5chやTwitterの声をまとめています。

    カテゴリ:棋士 > 梶浦宏孝


    【一同驚愕】梶浦宏孝七段の斬新な差し回し!!~~~。


    「新時代過ぎない?」「え、どういうことですか?」若手棋士の斬新な指し回しに関係者たちが大混乱/将棋・ABEMA師弟トーナメント
     「新時代過ぎない?」「え、どういうことですか?」。若手棋士の斬新な発想、深い研究は周囲の人々をも混乱の渦へと巻き込んだ。「第1回ABEMA師弟トー…
    (出典:ABEMA TIMES)


    梶浦 宏孝(かじうら ひろたか、1995年7月6日 - )は、日本将棋連盟所属の棋士。鈴木大介九段門下。棋士番号は301。東京都新宿区出身。 5歳程度で父親に将棋を教えられた。 2008年、鈴木大介門下で奨励会6級で入会。入門当時は振り飛車党だったが、1級から初段に上がる頃に居飛車党に転向。順調に
    10キロバイト (1,505 語) - 2021年11月17日 (水) 14:05


    「第1回ABEMA師弟トーナメント」準決勝の第2試合、チーム深浦とチーム鈴木の対戦が2月26日に放送され、この第4局でチーム鈴木・梶浦宏孝七段(26)が後手番から、相手の雁木に対して、序盤から機敏な動きで仕掛けた。これに師匠の鈴木大介九段(47)、大盤解説の聞き手を務めた本田小百合女流三段(43)らが次々と驚きの声をあげることになった。(ABEMA TIMES)

    【【一同驚愕】梶浦宏孝七段の斬新な差し回し!!~~~。】の続きを読む


    【梶浦宏孝七段】ABEMA師弟トーナメント勝利の陰に新婚妻!!~~~。


    新婚・梶浦宏孝七段「白星は妻のおかげ」女流棋士も「末永く円満に」とにっこり 結婚後は勝率8割超/将棋・ABEMA師弟トーナメント
     売り出し中の棋士に、妻の愛がさらに大きな力を与えているようだ。「第1回ABEMA師弟トーナメント」準決勝の第2試合、チーム深浦とチーム鈴木の対戦が…
    (出典:ABEMA TIMES)


    梶浦 宏孝(かじうら ひろたか、1995年7月6日 - )は、日本将棋連盟所属の棋士。鈴木大介九段門下。棋士番号は301。東京都新宿区出身。 5歳程度で父親に将棋を教えられた。 2008年、鈴木大介門下で奨励会6級で入会。入門当時は振り飛車党だったが、1級から初段に上がる頃に居飛車党に転向。順調に
    10キロバイト (1,505 語) - 2021年11月17日 (水) 14:05


    「第1回ABEMA師弟トーナメント」準決勝の第2試合、チーム深浦とチーム鈴木の対戦が2月26日に放送された。チーム鈴木の梶浦宏孝七段(26)は昨年11月17日、「将棋の日」に結婚したばかりの“新婚さん”。妻のためにと気合が入るところだが、試合前に結婚生活について聞かれ「公式戦で白星が集まっている。妻のおかげなんじゃないかと思います」と、幸せそうに微笑んだ。
    (ABEMA TIMES)

    【【梶浦宏孝七段】ABEMA師弟トーナメント勝利の陰に新婚妻!!~~~。】の続きを読む


    【ABEMA師弟トーナメント】鈴木大介九段、愛弟子の勝利に歓喜!!


    鈴木大介九段、愛弟子の勝利に“ムツゴロウさん”風のお出迎え「よーし、わしゃわしゃわしゃ」/将棋・ABEMA師弟トーナメント
     将棋界の子どもとかわいがる弟子の勝利は、何よりもうれしいはずだ。「第1回ABEMA師弟トーナメント」予選Bリーグ1回戦・第2試合、チーム谷川とチー…
    (出典:ABEMA TIMES)


    梶浦 宏孝(かじうら ひろたか、1995年7月6日 - )は、日本将棋連盟所属の棋士。鈴木大介九段門下。棋士番号は301。東京都新宿区出身。 5歳程度で父親に将棋を教えられた。 2008年、鈴木大介門下で奨励会6級で入会。入門当時は振り飛車党だったが、1級から初段に上がる頃に居飛車党に転向。順調に
    10キロバイト (1,505 語) - 2021年11月17日 (水) 14:05


    「第1回ABEMA師弟トーナメント」予選Bリーグ1回戦・第2試合、チーム谷川とチーム鈴木の対戦が1月22日に放送された。この第1局で、チーム鈴木・梶浦宏孝七段(26)がチーム谷川・谷川浩司九段(59)に146手で勝利した。この勝利がチーム鈴木のストレート勝ちを呼び込むことにもなったが、弟子の勝利を全力で喜んだのが師匠の鈴木大介九段(47)。顔を見るなり「よーし、わしゃわしゃわしゃ」と、ペットの全身をなでまわすような仕草と笑顔で出迎えた。
    (ABEMA TIMES)

    【【ABEMA師弟トーナメント】鈴木大介九段、愛弟子の勝利に歓喜!!】の続きを読む


    梶浦 宏孝(かじうら ひろたか、1995年7月6日 - )は、日本将棋連盟所属の棋士。鈴木大介九段門下。棋士番号は301。東京都新宿区出身。 5歳程度で父親に将棋を教えられた。 2008年、鈴木大介門下で奨励会6級で入会。入門当時は振り飛車党だったが、1級から初段に上がる頃に居飛車党に転向。順調に
    10キロバイト (1,501 語) - 2021年11月17日 (水) 00:07


    将棋の日に結婚とは、やるねえ。共通の趣味のボードゲームで知り合ったのか。出会いもなんか将棋棋士としては自然だね。末永くお幸せに!! それにしても、カジーという愛称で皆から親しまれていることや、発表の仕方といい、すべてがいい感じです。GOOD JOB!

    1 名無し名人 :2021/11/16(火) 12:03:47.78

    梶浦宏孝七段、11・17「将棋の日」に結婚!お相手は「相武紗季」似の美女
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2021/11/16/kiji/20211116b00041003002000c.html

     将棋の梶浦宏孝七段(26)が、結婚することを本紙の取材に明かした。
     お相手は「女優の相武紗季さんに似ています。美人です!」という一般の年上美女。共通の趣味のボードゲームがきっかけで知り合ったという。入籍は「11月17日の『将棋の日』にしようと思っています」と梶浦。


    【【祝】”カジー”こと梶浦宏孝七段、相武紗季似の美女とゴールイン!!~~~。】の続きを読む

    このページのトップヘ