ハッピー将棋タイムズ

当サイトは、将棋界に関する情報の5chやTwitterの声をまとめています。

    カテゴリ:棋士 > 深浦 康市


    【笑顔で指導対局】深浦康市九段、青森の将棋愛好会訪問!!~~~。


    将棋の深浦九段、棋衆会訪問 会員3人と同時対局、プロの指し手披露
     青森県八戸市の将棋愛好団体・棋衆(きしゅう)会(川村孝男会長)は15日、活動拠点とする同市吹上の杉山道場に本紙将棋欄顧問の深浦康市九段を招き、会員…
    (出典:デーリー東北新聞社)


    深浦 康市(ふかうら こういち、1972年2月14日 - )は、日本将棋連盟所属の将棋棋士である。棋士番号201。長崎県佐世保出身。花村元司九段門下。愛称は地球代表。 1984年に奨励会に入会。5級昇級に1年かかったがその後は順調に昇級・昇段し、1991年10月1日に19歳でプロデビュー(四段昇段)を果たす。
    30キロバイト (4,982 語) - 2022年4月3日 (日) 10:31


    青森県八戸市の将棋愛好団体・棋衆(きしゅう)会(川村孝男会長)は15日、活動拠点とする同市吹上の杉山道場に本紙将棋欄顧問の深浦康市九段を招き、会員たちが指導対局でプロ棋士の胸を借りて棋力を磨いた。
    深浦九段も「コロナ禍でファンと実際に対面しての指導対局は貴重な機会だった。とても楽しい時間だと改めて感じさせられた」と顔をほころばせた。
    (デイリー東北新聞社)

    【【笑顔で指導対局】深浦康市九段、青森の将棋愛好会訪問!!~~~。】の続きを読む


    【王将戦1次予選】深浦康市九段が青嶋未来六段に勝利し3回戦へ!!

    最新版

    深浦 康市(ふかうら こういち、1972年2月14日 - )は、日本将棋連盟所属の将棋棋士である。棋士番号201。長崎県佐世保出身。花村元司九段門下。愛称は地球代表。 1984年に奨励会に入会。5級昇級に1年かかったがその後は順調に昇級・昇段し、1991年10月1日に19歳でプロデビュー(四段昇段)を果たす。
    30キロバイト (4,967 語) - 2022年2月27日 (日) 16:44


    勝った深浦九段は、次戦で長谷部浩平四段と対戦。青嶋六段、おつかれ。

    【【王将戦1次予選】深浦康市九段が青嶋未来六段に勝利し3回戦へ!!】の続きを読む


    【視聴者爆笑www】深浦康市九段の「ささやき応援」!!~~~。


    ベテラン棋士の“ひそひそ応援”が完全にASMR「よしよしよし、いけるぞ、いけるぞ」に視聴者も爆笑「ささやき師匠」/将棋・ABEMA師弟トーナメント
     なぜ、そんなにひそひそ声で応援したのか…。「第1回ABEMA師弟トーナメント」準決勝の第2試合、チーム深浦とチーム鈴木の対戦が2月26日に放送され…
    (出典:ABEMA TIMES)


    ASMR(英: Autonomous Sensory Meridian Response)は、人が聴覚や視覚への刺激によって感じる、心地良い、脳がゾワゾワするといった反応・感覚。正式、または一般的な日本語訳は今のところ存在しないが、直訳すると自律感覚絶頂反応(じりつかんかくぜっちょうはんのう)となる
    15キロバイト (2,061 語) - 2022年2月17日 (木) 16:43


    チーム深浦・深浦康市九段(50)が弟子の佐々木大地六段(26)の対局を見ながら「よしよしよし、いけるぞ、いけるぞ」と、マイクで拾わないと聞こえないような小声で応援。この様子にファンの間で、各種動画などでも人気のASMRのようだと話題になった。(ABEMA TIMES)

    【【視聴者爆笑www】深浦康市九段の「ささやき応援」!!~~~。】の続きを読む


    【あのときの真相】深浦康市九段、NHK杯戦での藤井竜王を語る!!


    「タイトル戦仕様の身体になってきた」 藤井聡太の最年少「五冠」立会人が明かす対局の裏側
    …「今回の対局を見て、藤井さんはますますタイトル戦仕様の身体になってきた、との印象を受けました」  とは深浦康市(こういち)九段(50)である。深浦九段は「藤井キラー…
    (出典:デイリー新潮)


    深浦 康市(ふかうら こういち、1972年2月14日 - )は、日本将棋連盟所属の将棋棋士である。棋士番号201。長崎県佐世保出身。花村元司九段門下。愛称は地球代表。 1984年に奨励会に入会。5級昇級に1年かかったがその後は順調に昇級・昇段し、1991年10月1日に19歳でプロデビュー(四段昇段
    28キロバイト (4,579 語) - 2022年2月19日 (土) 20:22


    当時、終局後に藤井竜王ががっくりとうつ伏せになって話題を呼んでました。深浦九段がそのときの状況、心境を語ってくれてます。

    【【あのときの真相】深浦康市九段、NHK杯戦での藤井竜王を語る!!】の続きを読む

    最新版

    深浦 康市(ふかうら こういち、1972年2月14日 - )は、日本将棋連盟所属の将棋棋士である。棋士番号201。長崎県佐世保出身。花村元司九段門下。愛称は地球代表。 1984年に奨励会に入会。5級昇級に1年かかったがその後は順調に昇級・昇段し、1991年10月1日に19歳でプロデビュー(四段昇段
    28キロバイト (4,579 語) - 2022年2月19日 (土) 20:22


    NHK杯将棋トーナメント、本日放映された分です。なんかワンサイドゲームで、解説の丸山九段も困惑気味だった様子。藤井五冠にも勝ってるので、勢いがありますね。

    26 名無し名人 :2022/02/20(日) 11:57:34.48

    >>1立て乙
    深浦おめ会長乙


    【【地球代表つよ!】深浦康市九段が佐藤会長に圧勝、準決勝へ!!~~~。】の続きを読む

    このページのトップヘ