ハッピー将棋タイムズ

当サイトは、将棋界に関する情報の5chやTwitterの声をまとめています。

    カテゴリ:棋士 > 佐々木勇気

    最新版

    佐々木 勇気(ささき ゆうき、1994年〈平成6年〉8月5日 - )は、日本の将棋棋士。男性。スイスのジュネーヴ生まれ。埼玉県三郷市育ち。石田和雄九段門下。棋士番号は280。東京都立白鷗高等学校・附属中学校卒業。 将棋を始めたのは5歳の正月。 2003年(平成15年)8月、三郷市立鷹野小学校3年生の
    23キロバイト (3,350 語) - 2022年4月29日 (金) 01:07

    507 名無し名人 :2022/05/15(日) 11:24:37.41

    NHK杯の勇気って和服着てきて負けて以来?


    【【NHK杯トーナメント】佐々木勇気七段VS本田奎五段、結果は!?~~~。】の続きを読む


    【なんと】佐々木勇気七段、渡辺明名人とマラソン!!~~~。


    html 2017年7月2日閲覧。  ^ “佐々木勇気五段が六に昇段 - 将棋ニュース”. 公式ウェブサイト. 日本将棋連盟 (2017年7月12日). 2017年7月12日閲覧。 ^ “佐々木勇気が中座真七段に勝ち昇級を決める 第31期竜王戦3組昇級者決定戦 - 棋戦トピックス”
    23キロバイト (3,350 語) - 2022年4月3日 (日) 10:24


    佐々木七段は数年前、ジョギングが趣味の名人に誘われて、初めてマラソン大会に参加したという。カーリングやったり、野球にも造詣が深いなど、渡辺名人って結構、スポーティーですね。

    【【なんと】佐々木勇気七段、渡辺明名人とマラソン!!~~~。】の続きを読む


    【ここだけの話】佐々木勇気七段が語ってくれてます!!~~~。


    佐々木 勇気(ささき ゆうき、1994年〈平成6年〉8月5日 - )は、日本の将棋棋士。男性。スイスのジュネーヴ生まれ。埼玉県三郷市育ち。石田和雄九段門下。棋士番号は280。東京都立白鷗高等学校・附属中学校卒業。 将棋を始めたのは5歳の正月。 2003年(平成15年)8月、三郷市立鷹野小学校3年生の
    22キロバイト (3,336 語) - 2022年2月20日 (日) 16:01


    第80期将棋名人戦・A級順位戦、羽生善治九段ー永瀬拓矢王座戦(2月4日対局)の解説をした佐々木勇気七段に話を聞きました。永瀬拓矢王座との関係や、今期順位戦の最終局で対局する藤井聡太竜王戦への思いを語っています。

    【村瀬の部屋】
    対局中継の解説棋士に、朝日新聞記者の村瀬信也が話を聞くコーナーです。
    (囲碁将棋TV)

    【【ここだけの話】佐々木勇気七段が語ってくれてます!!~~~。】の続きを読む


    【石田和雄九段】愛弟子、佐々木勇気七段惜敗について語る!!~~~。


    佐々木 勇気(ささき ゆうき、1994年〈平成6年〉8月5日 - )は、日本の将棋棋士。男性。スイスのジュネーヴ生まれ。埼玉県三郷市育ち。石田和雄九段門下。棋士番号は280。東京都立白鷗高等学校・附属中学校卒業。 将棋を始めたのは5歳の正月。 2003年(平成15年)8月、三郷市立鷹野小学校3年生の
    22キロバイト (3,336 語) - 2022年2月20日 (日) 16:01


    3月9日B級1組順位戦最終局、藤井五冠対佐々木(勇)七段の対局が行われました。藤井五冠が勝利しA級昇級を決めました。
    石田九段が感想を述べます。
    (石田九段のユーチューブより)

    【【石田和雄九段】愛弟子、佐々木勇気七段惜敗について語る!!~~~。】の続きを読む


    【一歩及ばず】佐々木勇気七段、藤井聡太五冠の昇級阻止できず!!~~~。


    「勝ちかなと思った局面で実は負けだった」藤井聡太竜王に敗れた佐々木勇気七段、周到準備及ばず
    …将棋の史上最年少5冠、藤井聡太竜王(王位・叡王・王将・棋聖=19)が9日、東京・千駄ケ谷「将棋会館」で行われた第80期順位戦B級1組最終戦で佐々木勇…
    (出典:日刊スポーツ)


    佐々木 勇気(ささき ゆうき、1994年〈平成6年〉8月5日 - )は、日本の将棋棋士。男性。スイスのジュネーヴ生まれ。埼玉県三郷市育ち。石田和雄九段門下。棋士番号は280。東京都立白鷗高等学校・附属中学校卒業。 将棋を始めたのは5歳の正月。 2003年(平成15年)8月、三郷市立鷹野小学校3年生の
    22キロバイト (3,336 語) - 2022年2月20日 (日) 16:01


    中~終盤は藤井にしっかり対応された。「手応えのある指し手で『勝ちかな』と思った局面で、実は負けだった。全体的に読みで上回られて、気が付いたら負けになっていました。自分なりに考えて指したので、悔いの残る手もない。全力を尽くした結果」と振り返った。(日刊スポーツ)

    【【一歩及ばず】佐々木勇気七段、藤井聡太五冠の昇級阻止できず!!~~~。】の続きを読む

    このページのトップヘ