ハッピー将棋タイムズ

当サイトは、将棋界に関する情報の5chやTwitterの声をまとめています。

    カテゴリ: 将棋道場



    所司 和晴(しょし かずはる、1961年10月23日 - )は、将棋棋士。平野広吉七段門下。棋士番号は172。東京都江東区出身、千葉県育ち。千葉県立船橋旭高等学校卒。「所司一門将棋センター」等を運営する株式会社棋創社の代表取締役社長も務める。 1985年度の関東奨励会で9連勝し、四段昇級。第45期C
    11キロバイト (1,357 語) - 2022年5月29日 (日) 11:24


    所司一門将棋センターの方ではトリプルアイズ社の御茶ノ水店で8月21日(日)渡辺明名人防衛杯将棋大会が無事終了しました。
    有段者クラスのみで、緊張感のある対局でした。

    私は午前中津田沼店の中級クラス教室を終えて、午後から観戦し表彰しました。

    形のきれいないい熱戦が多かったと感じました。
    (所司和晴先生ブログより抜粋)

    【【所司一門将棋センター】渡辺名人防衛杯が開催される!!~~~。】の続きを読む


    「教え魔おじさんは立ち入り禁止」「余計なお節介から守りたい」女性への将棋普及にあたって気を付けていること
    …LPSA設立15周年 中倉宏美女流二段が語る“代表”の仕事「イベントや大会が終わったらゴミ袋も載せて帰りますよ」 から続く  女流棋士として27年…
    (出典:文春オンライン)


    中倉 宏美(なかくら ひろみ、1979年1月26日 - )は、LPSA(日本女子プロ将棋協会)所属の女流棋士。LPSA番号は12。東京都府中市出身。堀口弘治七段門下。以前は日本将棋連盟に所属し、当時の女流棋士番号は旧38。女流棋士の中倉彰子は実姉。中座真(彰子の夫)は義兄にあたる。2014年2月より
    6キロバイト (721 語) - 2022年8月1日 (月) 14:56


    いるよねえ。これ。将棋道場にいくと、説教たれるおじさんはいっぱいいる。とくに勝ったときに負けた相手に対して、頼まれもしないのに能書きたれる人って結構いたな。女性が将棋道場に近寄らなくなるのもわかるわ。というか将棋道場自体が廃れた理由もそういう人の巣くうたまり場みたいになったからじゃないのかな。将棋で大切なのは勝ち負けじゃなくて、相手に対するマナーとか礼節だよね。おっせかいおじさん、立ち入り禁止、ナイスです。

    【【これ分かるなあ】女性への将棋普及を阻む「教え魔おじさん」!!~~~。】の続きを読む


    福岡か、ちょっと遠いけど、将棋施設のオープンってこの時期珍しいのでぜひ一度いってみたい。

    【【将棋ハウスみどり】今年の7月にオープンとのこと!!~~~。】の続きを読む


    徳田 拳士(とくだ けんし、1997年12月9日 - )は将棋棋士。小林健二九段門下。棋士番号は332。山口県周南市出身。山口県立徳山高等学校卒業。同志社大学卒業。 将棋棋士・将棋女流棋士を通じて、初の山口県出身者である。 5歳頃、父と祖父が将棋を指しているのを見た事で、将棋に興味を持った。その後
    5キロバイト (665 語) - 2022年6月7日 (火) 15:19
    なにかと注目されてます。

    65 名無し名人 :2022/06/10(金) 17:54:01.94
    マイク持ってる1番左が徳田四段
    身長は結構あるっぽい
    自らイケメンアピールするとはやるな

    (出典 cdn.mainichi.jp)


    「山口県の顔」「山形の星」…将棋・新四段4人、あいさつで笑い連発
    https://mainichi.jp/articles/20220610/k00/00m/040/194000c

    【【忙しいね】徳田拳士四段、将棋教室で指導対局!!~~~。】の続きを読む



    30代アマチュア棋士コンビ、脱サラきっかけに新道場 子どもの頃に通った老舗が昨秋閉店「鹿児島の将棋界盛り上げたい」
     鹿児島市易居町に22日、30代のアマチュア棋士2人が切り盛りする「さつま将棋センター」がオープンする。同市では、昨年9月に天文館の老舗道場が閉店したば…
    (出典:南日本新聞)


    将棋道場がオープンするなんて、感動です。若い力でぜひ盛り上げてください。大成功を心からお祈りします。

    (以下は報道記事から抜粋)
    鹿児島市易居町に22日、30代のアマチュア棋士2人が切り盛りする「さつま将棋センター」がオープンする。同市では、昨年9月に天文館の老舗道場が閉店したばかり。「若い力で鹿児島の将棋界を盛り上げ、将来のプロ棋士を育成したい」と意気込んでいる。
    (南日本新聞社)

    【【祝】さつま将棋センター、堂々のオープン!!~~~。】の続きを読む




    【【いい感じ】両国将棋センター、にぎわってます!!~~~。】の続きを読む


    【笑顔で指導対局】深浦康市九段、青森の将棋愛好会訪問!!~~~。


    将棋の深浦九段、棋衆会訪問 会員3人と同時対局、プロの指し手披露
     青森県八戸市の将棋愛好団体・棋衆(きしゅう)会(川村孝男会長)は15日、活動拠点とする同市吹上の杉山道場に本紙将棋欄顧問の深浦康市九段を招き、会員…
    (出典:デーリー東北新聞社)


    深浦 康市(ふかうら こういち、1972年2月14日 - )は、日本将棋連盟所属の将棋棋士である。棋士番号201。長崎県佐世保出身。花村元司九段門下。愛称は地球代表。 1984年に奨励会に入会。5級昇級に1年かかったがその後は順調に昇級・昇段し、1991年10月1日に19歳でプロデビュー(四段昇段)を果たす。
    30キロバイト (4,982 語) - 2022年4月3日 (日) 10:31


    青森県八戸市の将棋愛好団体・棋衆(きしゅう)会(川村孝男会長)は15日、活動拠点とする同市吹上の杉山道場に本紙将棋欄顧問の深浦康市九段を招き、会員たちが指導対局でプロ棋士の胸を借りて棋力を磨いた。
    深浦九段も「コロナ禍でファンと実際に対面しての指導対局は貴重な機会だった。とても楽しい時間だと改めて感じさせられた」と顔をほころばせた。
    (デイリー東北新聞社)

    【【笑顔で指導対局】深浦康市九段、青森の将棋愛好会訪問!!~~~。】の続きを読む


    【閉店を惜しむ】アマ将棋界をけん引した「天文館将棋センター」!!


    「昭和」がまた一つ… 鹿児島の将棋界をけん引 半世紀 天文館将棋センターが幕 コロナ下で利用減
     鹿児島県内のアマチュア将棋界をけん引してきた「天文館将棋センター」(鹿児島市東千石町)が昨年9月、60年を超える歴史に幕を下ろして半年になる。新型…
    (出典:南日本新聞)


    天文館(てんもんかん)は、鹿児島県鹿児島市にある中心繁華街・歓楽街の総称。一帯は繁華街と歓楽街が隣接し、一大商業、娯楽エリアとなっている。 地元では、特に若年層を中心に天街(てんまち)という愛称で呼ばれている。 天文館は鹿児島県及び南九州最大の繁華街・歓楽街であり、天文館
    27キロバイト (3,748 語) - 2022年2月28日 (月) 03:43


    「近年はインターネットや無料利用施設での対局を楽しむ人が増え、客は減少傾向に。追い打ちを掛けるようにコロナが拡大し、客足がほとんどない日が続いた」とのこと。かつての隆盛を思うと本当に惜しいです。

    【【閉店を惜しむ】アマ将棋界をけん引した「天文館将棋センター」!!】の続きを読む


    【動画ありバージョン】藤井聡太五冠の将棋道場サプライズ訪問!!~~~。


    藤井五冠 小学生に「興味を持って取り組むこと」 
    …福岡市の将棋センターに藤井聡太五冠がサプライズで登場し子どもたちにアドバイスしました。 26日の午後2時前、福岡市中央区の「QTnet将棋センター」…
    (出典:九州朝日放送)


    藤井 聡太(ふじい そうた、2002年〈平成14年〉7月19日 - )は、将棋棋士。杉本昌隆八段門下。棋士番号は307。愛知県瀬戸市出身。 2016年に史上最年少(14歳2か月)で四段昇段(プロ入り)を果たすと、そのまま無敗で公式戦最多連勝記録(29連勝)を樹立した。その後、最年少一般棋戦優勝・タ
    185キロバイト (22,852 語) - 2022年2月25日 (金) 04:34


    QTnet将棋センターでのサプライズ訪問の様子です。もろもろの記事と、動画もあります。

    【【動画ありバージョン】藤井聡太五冠の将棋道場サプライズ訪問!!~~~。】の続きを読む


    【福岡の将棋道場】なんと、藤井聡太五冠がサプライズ登場!!~~~。


    わっ、藤井聡太さんが来た! 小学生らの将棋教室にサプライズ登場
     第71期ALSOK杯王将戦七番勝負(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催)を制し、史上最年少で5冠に到達した藤井聡太新王将(19)=が26日、福…
    (出典:毎日新聞)


    藤井 聡太(ふじい そうた、2002年〈平成14年〉7月19日 - )は、将棋棋士。杉本昌隆八段門下。棋士番号は307。愛知県瀬戸市出身。 2016年に史上最年少(14歳2か月)で四段昇段(プロ入り)を果たすと、そのまま無敗で公式戦最多連勝記録(29連勝)を樹立した。その後、最年少一般棋戦優勝・タ
    185キロバイト (22,852 語) - 2022年2月25日 (金) 04:34


    史上最年少で5冠に到達した藤井聡太新王将(19)=が26日、福岡市中央区の将棋教室「QTnet将棋センター」を訪問し、小学生らと交流した。
     藤井王将が同センターを訪れるのは2019年8月以来2回目。藤井王将がサプライズで登場すると、大きな拍手が起こった。
    (毎日新聞)

    【【福岡の将棋道場】なんと、藤井聡太五冠がサプライズ登場!!~~~。】の続きを読む

    このページのトップヘ