ハッピー将棋タイムズ

当サイトは、将棋界に関する情報の5chやTwitterの声をまとめています。

    カテゴリ:棋士 > 広瀬章人


    【ABEMAトーナメント】広瀬章人八段、「ドラフト指名はきっかけ」!!~~~。


    広瀬章人八段、ドラフト指名は若手飛躍のきっかけ「有望だと思われる人が選ばれる」/将棋・ABEMAトーナメント
    …躍する。プロ将棋界の早指し団体戦「第5回ABEMAトーナメント」で、広瀬章人八段(35)は3大会連続でリーダー棋士を務め、ドラフト会議に参加する。初の…
    (出典:ABEMA TIMES)


    広瀬 章人(ひろせ あきひと、1987年1月18日 - ) は、将棋棋士。勝浦修九段門下。棋士番号は255。北海道札幌市出身。 東京都で生まれ、埼玉県さいたま市で育つ。アマチュア強豪であった父と兄の影響から4歳ごろから将棋に興味を持つ。小学3年から6年の4年間は、父の転勤により札幌市南区に在住し、
    28キロバイト (3,647 語) - 2021年10月9日 (土) 10:16


     トップ棋士が選ぶからには、その若手棋士は将来きっと活躍する。プロ将棋界の早指し団体戦「第5回ABEMAトーナメント」で、広瀬章人八段(35)は3大会連続でリーダー棋士を務め、ドラフト会議に参加する。初のドラフトとなった第3回では趣味の麻雀、第4回では母校の早稲田大学というテーマを持って指名したが、ドラフト全体を見渡すと「有望だと思われる人が選ばれることが多い」と、その将来性に期待される若手が多く指名されると語った。
    (ABEMA TIMES)

    【【ABEMAトーナメント】広瀬章人八段、「ドラフト指名はきっかけ」!!~~~。】の続きを読む



    最新リーグ戦

    広瀬 章人(ひろせ あきひと、1987年1月18日 - ) は、将棋棋士。勝浦修九段門下。棋士番号は255。北海道札幌市出身。 東京都で生まれ、埼玉県さいたま市で育つ。アマチュア強豪であった父と兄の影響から4歳ごろから将棋に興味を持つ。小学3年から6年の4年間は、父の転勤により札幌市南区に在住し、
    28キロバイト (3,647 語) - 2021年10月9日 (土) 10:16


    羽生九段は2勝7敗で今期の順位戦を終えた。復活がまたれるところです。広瀬章人八段、勝ち越しおめでとうございます。

    709 名無し名人 (ワッチョイ c3ad-SZxA) :2022/03/03(木) 23:16:35.92

    みんな負けた羽生の写真ばかり撮ってるな


    【【A級順位戦最終局】広瀬章人八段が羽生善治九段を破り5勝4敗に!!】の続きを読む


    【驚愕のシーン】広瀬章人八段がウォーズ強豪を瞬殺!!~~~。


    広瀬 章人(ひろせ あきひと、1987年1月18日 - ) は、将棋棋士。勝浦修九段門下。棋士番号は255。北海道札幌市出身。 東京都で生まれ、埼玉県さいたま市で育つ。アマチュア強豪であった父と兄の影響から4歳ごろから将棋に興味を持つ。小学3年から6年の4年間は、父の転勤により札幌市南区に在住し、
    28キロバイト (3,647 語) - 2021年10月9日 (土) 10:16


    5年前の動画です。振り飛車穴熊で、ウォーズ7段を瞬殺しています。プロってこんなに強いのかって思わせる驚愕のシーンです。

    【【驚愕のシーン】広瀬章人八段がウォーズ強豪を瞬殺!!~~~。】の続きを読む

    最新版

    広瀬 章人(ひろせ あきひと、1987年1月18日 - ) は、将棋棋士。勝浦修九段門下。棋士番号は255。北海道札幌市出身。 東京都で生まれ、埼玉県さいたま市で育つ。アマチュア強豪であった父と兄の影響から4歳ごろから将棋に興味を持つ。小学3年から6年の4年間は、父の転勤により札幌市南区に在住し、
    28キロバイト (3,647 語) - 2021年10月9日 (土) 10:16


    広瀬章人八段、おめでとうございます。次戦は深浦康市九段と都成竜馬七段の勝者と対戦。三枚堂七段、おつかれさまでした。

    103 名無し名人 (ワッチョイ 4301-rMyA) :2022/02/24(木) 22:02:52.94

    三枚堂苦しい…もう投げたい…広瀬が相手じゃ


    【【竜王戦2組】広瀬章人八段が三枚堂達也七段に勝利し準決勝へ!!】の続きを読む


    【王位戦挑決リーグ】元王位の広瀬章人八段が、大胆予想!!~~~。


    王位戦(おういせん)は、新聞3社連合(北海道新聞社、中日新聞社、神戸新聞社、徳島新聞社、西日本新聞社)及び日本将棋連盟が主催する将棋の棋戦で、タイトルのひとつ。七番勝負の勝者は王位のタイトル称号を得る。 1954年に産経新聞社主催の一般棋戦「産経杯」が準タイトル「早指し王位戦」(早指し王位
    46キロバイト (2,945 語) - 2022年1月13日 (木) 01:05


    「どうしても先後の数を見てしまうんですよね。王位リーグは全5戦なので、先手番が3回の棋士と2回の棋士に分かれる。そうすると、紅組は先手番が3回ある豊島九段、と言いたくなる。ただ先手番が2回の伊藤四段は、その相手が豊島九段と近藤七段で、有力そうな2人というのが好材料です。最終戦の豊島―伊藤戦で勝った方の優勝と予想します。あと紅組唯一の振り飛車党である黒沢六段には、いい感じにリーグを荒らしてほしいなと期待しています。初戦の豊島九段戦に勝つとダークホース的な存在になる気がします」
    (東京新聞、広瀬章人八段より)

    【【王位戦挑決リーグ】元王位の広瀬章人八段が、大胆予想!!~~~。】の続きを読む

    このページのトップヘ