ハッピー将棋タイムズ

当サイトは、将棋界に関する情報の5chやTwitterの声をまとめています。

    カテゴリ: レジェンド・歴史


    石田 和雄(いしだ かずお、1947年3月29日- )は、将棋棋士、九段。2012年、引退。棋士番号は97。愛知県岡崎市明大寺町生まれ。岡崎市立竜海中学校卒業。板谷四郎九段門下。竜王戦1組通算1期、名人戦A級通算4期。 岡崎市の石材店で、五人兄弟の末子として生まれる。父の岡崎淳一郎は、二宮尊徳像を…
    12キロバイト (1,682 語) - 2023年1月3日 (火) 02:30


    石田九段が名調子で語ってくださってます。

    【【石田和雄九段】棋王戦初戦、藤井聡太棋王先勝について語る!!~~~。】の続きを読む



    藤井聡太五冠「▲4五歩の王手」、羽生善治九段「▲8二金」が勝負を分ける好手だったワケ…棋士視点で王将戦第2・3局振り返り
    …「平成の王者」の羽生善治九段(52)が「令和の最強者」の藤井聡太王将(20=竜王・王位・叡王・棋聖を含めて五冠)に挑戦している、第72期ALSOK杯…
    (出典:Number Web)


    田丸 (たまる のぼる、1950年5月5日 - )は、将棋棋士。2016年10月、引退。長野県北佐久郡北御牧村(現・東御市)出身。佐瀬勇次名誉九段門下。棋士番号109。 順位戦A級在籍1期。A級初昇級時の41歳は、木村義徳の初A級44歳に次ぐ史上2位の年長記録。また、「タイトル挑戦・棋戦優勝・将棋…
    14キロバイト (2,212 語) - 2022年6月10日 (金) 16:33


    「平成の王者」の羽生善治九段(52)が「令和の最強者」の藤井聡太王将(20=竜王・王位・叡王・棋聖を含めて五冠)に挑戦している、第72期ALSOK杯王将戦七番勝負。羽生は第1局で敗れたが、第2局で勝って追いつき、シリーズは大いに盛り上がっている。羽生の第2局での戦いぶり、北陸の古都の金沢市で行われた第3局の模様などについて、田丸昇九段が解説。【棋士の肩書は当時】
    Nunber Web

    【【田丸昇九段が解説】王将戦、第2局、第3局の振り返り!!~~~。】の続きを読む



    【ひふみんEYE】羽生九段2日目はいいところなし やはり将棋は攻めの可能性ないと面白くない
    …進した。  本紙「ひふみんアイ」でおなじみ、加藤一二三・九段(83)が対局を振り返ります。     ◇   ◇   ◇  羽生九段にしては珍しく、穏や…
    (出典:日刊スポーツ)


    加藤 一二三(かとう ひふみ、1940年〈昭和15年〉1月1日 - )は、日本の将棋棋士。ワタナベエンターテインメント所属。 実力制6人目の名人。剱持松二九段門下(当初は南口繁一九段門下)。棋士番号は64。2017年6月20日に現役を引退した。福岡県嘉麻市出身、同市の名誉市民。仙台白百合女子大学客員教授(2017年6月23日…
    147キロバイト (20,229 語) - 2023年1月22日 (日) 20:14


     羽生九段にしては珍しく、穏やかな指し回しでしたね。初日の午後、4筋の歩を成り捨て、再度垂らした後に長距離砲の角を打ち込むとか、封じ手前に右金を4筋ではなく6筋に回して、飛車を4筋に回すとかなかったでしょうか。次の歩成が強烈ですから。初日は見応えのある攻防でしたけど、2日目はいいところがなかったです。やっぱり、将棋は攻めの可能性がないと面白くありませんよ。

     負けはしましたが、今局で採用した雁木はもう1回使えるでしょう。楽しみのある将棋でしたから。第4局は先手番。まだ披露していない戦法も含め、どんな手を繰り出してくるか。巻き返しに期待しましょう。

     藤井王将は非の打ちどころのない勝ち方でした。相手に粘る余地を与えていないし、仕留め方も言うことなしです。特に敵陣の6筋に角を打ち込んでからは、玉の脱走も含めて対応に忙しい羽生九段に比べ、余裕を持って戦えたと思います。

     ひそかに楽しみにしているのは、2月1日のA級順位戦8回戦(永瀬拓矢王座戦)です。藤井王将は後手ですが、名人挑戦に向けて大きな関門となります。同じ後手番の王将戦第4局もにらんでどんな戦い方をするのか。指し回しに注目しています。(加藤一二三・九段)

    (日刊スポーツ)

    【【”ひふみん”が斬る】加藤一二三九段は王将戦第3局をどう見たか!!~~~。】の続きを読む



    将棋タイトル在位者一覧(しょうぎのタイトルざいいしゃいちらん)は、将棋の棋戦タイトル在位者の一覧であり、1937年度(昭和12年度)に実力名人制が発足してから現在までのタイトル在位者を網羅する。 タイトル在位期間は次期タイトル戦の番勝負終了までとなる。 ^ 1997年に永世王位の称号が制定され、遡って資格を獲得。…
    62キロバイト (740 語) - 2023年1月9日 (月) 10:32


    将棋界の歴史の勉強にもなります。

    【【将棋タイトル戦】連続獲得記録ランキング!!~~~。】の続きを読む



    藤井聡太叡王(19)3連勝で防衛か? 出口若武六段(27)1勝返すか? 叡王戦五番勝負第3局始まる
    …3局は藤井叡王先手となります。 本局の立会人を務めるのは地元柏市在住の石田和雄九段です。 石田九段は将棋界最高齢のYouTuberでもあります。 午前…
    (出典:松本博文)


    石田 和雄(いしだ かずお、1947年3月29日- )は、将棋棋士、九段。2012年、引退。棋士番号は97。愛知県岡崎市明大寺町生まれ。岡崎市立竜海中学校卒業。板谷四郎九段門下。竜王戦1組通算1期、名人戦A級通算4期。 岡崎市の石材店で、五人兄弟の末子として生まれる。父の岡崎淳一郎は、二宮尊徳像を…
    12キロバイト (1,682 語) - 2023年1月3日 (火) 02:30


    名調子で語ってくださるので、楽しく見れてます。

    【【石田和雄九段】藤井聡太×豊島将之九段戦等、順位戦についていろいろ語る!!~~~。】の続きを読む


    石田 和雄(いしだ かずお、1947年3月29日- )は、将棋棋士、九段。2012年、引退。棋士番号は97。愛知県岡崎市明大寺町生まれ。岡崎市立竜海中学校卒業。板谷四郎九段門下。竜王戦1組通算1期、名人戦A級通算4期。 岡崎市の石材店で、五人兄弟の末子として生まれる。父の岡崎淳一郎は、二宮尊徳像を…
    12キロバイト (1,682 語) - 2023年1月3日 (火) 02:30


    今回に限っては、羽生さんを応援している人が多いとのこと。

    【【石田和雄九段】王将戦第2局についての感想!!~~~。】の続きを読む



    藤井聡太叡王(19)3連勝で防衛か? 出口若武六段(27)1勝返すか? 叡王戦五番勝負第3局始まる
    …なります。 本局の立会人を務めるのは地元柏市在住の石田和雄九段です。 石田九段は将棋界最高齢のYouTuberでもあります。 午前9時。「それでは定刻…
    (出典:松本博文)


    石田 和雄(いしだ かずお、1947年3月29日- )は、将棋棋士、九段。2012年、引退。棋士番号は97。愛知県岡崎市明大寺町生まれ。岡崎市立竜海中学校卒業。板谷四郎九段門下。竜王戦1組通算1期、名人戦A級通算4期。 岡崎市の石材店で、五人兄弟の末子として生まれる。父の岡崎淳一郎は、二宮尊徳像を多…
    12キロバイト (1,682 語) - 2023年1月3日 (火) 02:30


    佐々木勇気七段、高見泰地七段、加藤結李愛女流初段の活躍と、石田一門も隆盛ですね。

    【【石田和雄九段】話題満載の将棋界、弟子の活躍などを語る!!~~~。】の続きを読む



    「悲しみの重さ、今も」将棋・森信雄七段、震災で17歳弟子が犠牲に 記憶つなぐ、たとえわずかでも
     「歳月の早さに驚くが、私の意識は過去ではなく、今も悲しみの重さを背負いながら-」。将棋の森信雄七段(70)=兵庫県宝塚市=は昨年末、自身のツイッタ…
    (出典:神戸新聞NEXT)


    信雄(もり のぶお、1952年2月10日 - )は、将棋棋士。棋士番号126。2017年5月16日に引退。愛媛県伊予三島市(現・四国中央市)出身。南口繁一九段門下。愛媛県立三島高等学校卒業。 3兄弟の末っ子で、飲んだくれの父親は幼少時に蒸発。母は土方仕事で3人の子を女手一つで育てたが、極貧の生活…
    28キロバイト (3,847 語) - 2022年9月21日 (水) 12:55


    船越さんを亡くした直後は「師匠として将棋に対しては責任が取れるが、命までは背負えない」と弟子を取るのをやめていた。しかし、船越さんの母、明美さんから「息子と同世代の子が強くなるのを見るのが楽しみ」と言われ、再び弟子を育てている。

     「自分自身、船越君が亡くなったことで、弟子に対する身の入れ方が変わったし、宝塚に住み続け、船越君のそばを一生離れない覚悟も持った」と森七段。しかし震災を知らない若い弟子が増え、年々「震災で起きたことを分かってもらうのは難しいと感じるようになってきた」という。
    (神戸新聞NEXT)

    【【森信雄七段】今も悲しみの重さを背負いながら。】の続きを読む


    関根 金次郎(せきね きんじろう、1868年4月23日(慶応4年4月1日) - 1946年(昭和21年)3月12日)は、明治から昭和初期の将棋棋士、十三世名人。本来の表記は關根金次郞。八代伊藤宗印及び十二代大橋宗金門下。将棋連盟や実力名人制を創始した。「近代将棋の父」とも称される。…
    19キロバイト (3,281 語) - 2022年11月11日 (金) 10:02




    【【レジェンド中のレジェンド】関根金次郎十三世名人についてまとめてみた!!~~~。】の続きを読む



    藤井聡太が“32歳差”羽生善治に王将戦七番勝負で先勝! 過去の「年齢差タイトル戦」を調べてみると…
     将棋ファンが待ち望んだタイトル戦が、第72期王将戦七番勝負でついに実現した。平成の大天才・羽生善治九段が、令和の最強棋士・藤井聡太王将に挑戦するこ…
    (出典:文春オンライン)


    世代を超えたタイトル戦について、改めて振り返ってみたい。

     将棋のタイトル戦は1937年12月6日に決着した第1期名人戦が始まりといえるが、それ以前でも、現在のタイトル戦における世代対決のような構図はあった。

     1898年、当時68歳の小野五平が十二世名人に就く。ところが30歳の指し盛りを迎えていた関根金次郎がそれに異を唱えて、小野に挑戦状を送った。

    「小生は貴方の名人位を不服と思うものである。果たして貴方が天下無敵であるべきはずの名人位に値するだろうか、論より証拠、私と争い、将棋によってそれを決せられたい」
    (文春オンライン)

    【【藤井聡太王将】“32歳差で羽生善治九段に先勝したけど。。。】の続きを読む

    このページのトップヘ