ハッピー将棋タイムズ

当サイトは、将棋界に関する情報の5chやTwitterの声をまとめています。

    カテゴリ:棋士 > 畠山鎮


    【ABEMA師弟トーナメント】燃える男・畠山鎮八段、男泣き!!~~~。


    燃える男・畠山鎮八段、奇跡の逆転劇に男泣き「自分の力とは思えない」視聴者も「全将棋ファンが号泣」/将棋・ABEMA師弟トーナメント
     熱情が呼んだ大逆転に、本人は泣き、ファンももらい泣きだ。「第1回ABEMA師弟トーナメント」の決勝戦、チーム鈴木とチーム畠山の対戦が3月5日に放送…
    (出典:ABEMA TIMES)


    畠山 (はたけやま まもる、1969年6月3日 - )は、将棋棋士。棋士番号は192。神奈川県出身。森安正幸七門下。弟子に斎藤慎太郎、黒田尭之がいる。日本将棋連盟棋士会副会長(2017年2月 - ) 兄の畠山成幸とともに、将棋界唯一の双子棋士である。奨励会への入会は兄に1年遅れ、三段リーグ参加は
    10キロバイト (1,627 語) - 2022年3月6日 (日) 10:05


    熱情が呼んだ大逆転に、本人は泣き、ファンももらい泣きだ。「第1回ABEMA師弟トーナメント」の決勝戦、チーム鈴木とチーム畠山の対戦が3月5日に放送された。試合はフルセットの末にスコア3-2でチーム畠山が勝利、初代No.1師弟に輝いたが、この最終第5局が稀に見る大逆転劇。熱血漢で知られる畠山鎮八段(52)が、若手ホープの梶浦宏孝七段(26)に敗色濃厚から勝負をひっくり返すと、対局後には「自分の力とは思えない」と男泣き。この様子にファンからも「全将棋ファンが号泣」「ドラマチックにもほどがある!」という感動の言葉が殺到した。(ABEMA TIMES)

    【【ABEMA師弟トーナメント】燃える男・畠山鎮八段、男泣き!!~~~。】の続きを読む


    【事実上の関西代表】チーム畠山が決勝進出!!~~~。


    チーム畠山が決勝進出 実質「関西師弟代表」に 畠山鎮八段「夢のようです」/将棋・ABEMA師弟トーナメント
     「第1回ABEMA師弟トーナメント」準決勝の第1試合、チーム谷川とチーム畠山の対戦が2月19日に放送され、チーム畠山がスコア3-1で勝利、決勝進出…
    (出典:ABEMA TIMES)


    畠山 (はたけやま まもる、1969年6月3日 - )は、将棋棋士。棋士番号は192。神奈川県出身。森安正幸七段門下。弟子に斎藤慎太郎、黒田尭之がいる。日本将棋連盟棋士会副会長(2017年2月 - ) 兄の畠山成幸とともに、将棋界唯一の双子棋士である。奨励会への入会は兄に1年遅れ、三段リーグ参加は
    10キロバイト (1,533 語) - 2021年8月21日 (土) 15:55


    「第1回ABEMA師弟トーナメント」準決勝の第1試合、チーム谷川とチーム畠山の対戦が2月19日に放送され、チーム畠山がスコア3-1で勝利、決勝進出を果たした。関西所属の師弟同士の準決勝を制したことで、実質的な「関西師弟代表」となり、畠山鎮八段(52)は「夢のようです」と驚きを隠せなかった。(ABEMA TIMES)

    【【事実上の関西代表】チーム畠山が決勝進出!!~~~。】の続きを読む


    【走り込み】久保利明九段、畠山鎮八段の脚力を絶賛!!~~~。


    久保利明九段、マラソンでは「6枚落ちでも勝てない」と絶賛する52歳・畠山鎮八段の脚力
     熱く燃える魂と、スラリとしたスタイルは走り込みによるものか。「第1回ABEMA師弟トーナメント」予選Aリーグ1回戦・第1試合、チーム井上とチーム畠…
    (出典:ABEMA TIMES)


    畠山 (はたけやま まもる、1969年6月3日 - )は、将棋棋士。棋士番号は192。神奈川県出身。森安正幸七段門下。弟子に斎藤慎太郎、黒田尭之がいる。日本将棋連盟棋士会副会長(2017年2月 - ) 兄の畠山成幸とともに、将棋界唯一の双子棋士である。奨励会への入会は兄に1年遅れ、三段リーグ参加は
    10キロバイト (1,533 語) - 2021年8月21日 (土) 15:55


    実は、走りこんでたのか。将棋も体力勝負ですよね。

    【【走り込み】久保利明九段、畠山鎮八段の脚力を絶賛!!~~~。】の続きを読む


    【ABEMA師弟トーナメント】燃える52歳・畠山鎮八段に一同驚愕!!~~~。


    燃える52歳・畠山鎮八段、209手の激闘勝利にファンも絶賛ラッシュ「熱風吹いた!」「すごい熱戦だ」/将棋・ABEMA師弟トーナメント
     熱く燃える52歳が、20歳近く下の実力者にぶつかり、そして打ち破った。「第1回ABEMA師弟トーナメント」予選Aリーグ1回戦・第1試合、チーム井上…
    (出典:ABEMA TIMES)


    畠山 (はたけやま まもる、1969年6月3日 - )は、将棋棋士。棋士番号は192。神奈川県出身。森安正幸七門下。弟子に斎藤慎太郎、黒田尭之がいる。日本将棋連盟棋士会副会長(2017年2月 - ) 兄の畠山成幸とともに、将棋界唯一の双子棋士である。奨励会への入会は兄に1年遅れ、三段リーグ参加は
    10キロバイト (1,533 語) - 2021年8月21日 (土) 15:55


    相手がわからなっくなるほど盤にのめり込み、とにかく勝ちに向かって突き進む火の玉・畠山八段の様子に、稲葉八段も奨励会幹事時代の熱血漢ぶりを、思い起こしたかもしれない。そんな気持ちのこもる一局となった。

    【【ABEMA師弟トーナメント】燃える52歳・畠山鎮八段に一同驚愕!!~~~。】の続きを読む


    『チーム畠山、初陣は3-0』についてTwitterの反応


    チーム畠山、初陣は3-0ストレート勝ち 熱血・畠山鎮八段が2連勝/将棋・ABEMA師弟トーナメント
     「第1回ABEMA師弟トーナメント」予選Aリーグ1回戦・第1試合、チーム井上とチーム畠山の対戦が12月29日に放送され、畠山鎮八段(52)と斎藤慎…
    (出典:ABEMA TIMES)


    畠山 (はたけやま まもる、1969年6月3日 - )は、将棋棋士。棋士番号は192。神奈川県出身。森安正幸七段門下。弟子に斎藤慎太郎、黒田尭之がいる。日本将棋連盟棋士会副会長(2017年2月 - ) 兄の畠山成幸とともに、将棋界唯一の双子棋士である。奨励会への入会は兄に1年遅れ、三段リーグ参加は
    10キロバイト (1,533 語) - 2021年8月21日 (土) 15:55



    【【ABEMA師弟トーナメント】チーム畠山が初陣飾る!!~~~。】の続きを読む

    このページのトップヘ