ハッピー将棋タイムズ

当サイトは、将棋界に関する情報の5chやTwitterの声をまとめています。

    カテゴリ:棋士 > 森下卓

    最新版

    森下 (もりした たく、1966年7月10日 - )は、将棋棋士。花村元司九段門下。棋士番号は161。福岡県北九州市小倉区(現:小倉南区)出身。竜王戦1組通算17期、順位戦A級通算10期。 小学4年生の正月に父に教わり将棋を始める。わずが1年8ヶ月後の1978年、12歳で奨励会に合格し入会。福岡に住んでいたため、祖母とともに上京した。
    24キロバイト (3,945 語) - 2022年2月22日 (火) 16:16


    千日手指し直し局を見事、森下九段が制しました。両対局者、おつかれさまでした。森下九段、やりましたね。次戦は川上七段と対戦です。

    435 名無し名人 (ワッチョイ cb01-Bzyw) :2022/03/02(水) 23:24:18.43

    森下おめ
    年5勝ペースだと1000勝まで8年か
    届くだろうか


    【【竜王戦5組】森下卓九段が片上大輔七段に勝利し、3回戦へ!!】の続きを読む


    【師弟の物語】増田康宏六段と森下卓九段!!


    増田 康宏(ますだ やすひろ、1997年11月4日 - )は、将棋棋士。森下卓九段門下。棋士番号は297。東京都昭島市出身。 5歳の時に、母親に買ってもらったボードゲームセットに将棋が含まれていたことが、将棋を覚えたきっかけである。小学校に入る頃には両親では相手にならなくなり、羽生善治らを輩出した
    20キロバイト (3,094 語) - 2021年10月10日 (日) 17:04


    森下の息子・大地から聞いた話を、最後に私は増田に伝えた。

    「父が送られてきた手紙を見ながら、『すごい才能がある子だ。こんな子がいるのか』と興奮していたのを覚えています。自分より1歳上の増田さんに父が将棋の才能を認めているのを聞いても、僕には不思議と嫉妬心が湧かなかった。増田さんは特別な才能の人で、別世界の人のように感じていました」

     増田はじっと聞いていた。視線をそらす。眼鏡を外し、そっと目頭を拭った。
    (文春オンラインより抜粋)

    【【師弟の物語】増田康宏六段と森下卓九段!!】の続きを読む

    このページのトップヘ