ハッピー将棋タイムズ

当サイトは、将棋界に関する情報の5chやTwitterの声をまとめています。

    カテゴリ:棋士 > 中村修


    【ABEMA師弟トーナメント】中村修九段、興奮して謎の”雄たけび”!!~~。


    ベテラン棋士、気づいてしまった痛恨の一手に口元が混乱「竜、竜、りゅりゅりゅりゅー」/将棋・ABEMA師弟トーナメント
     いい手と思った次の瞬間、その先には…。気づいてしまった瞬間、ベテランの口元も大混乱だ。「第1回ABEMA師弟トーナメント」予選Bリーグ1回戦・第2…
    (出典:ABEMA TIMES)


    中村 (なかむら おさむ、1962年11月7日 - )は、将棋棋士。佐伯昌優九段門下。棋士番号は143。東京都町田市出身。 昭和55年に四段に昇段(プロ入り)した強豪グループ、いわゆる「55年組」の一人で、王将のタイトルを2度獲得。竜王戦1組11期。 日本将棋連盟棋士会会長(2017年2月 - )、同女流棋士会監事(2015年6月
    25キロバイト (4,148 語) - 2021年9月22日 (水) 18:04


    何やら楽し気ですね。

    「第1回ABEMA師弟トーナメント」予選Bリーグ1回戦・第2試合、チーム谷川とチーム鈴木の対戦が1月22日に放送された。この第3局、チーム谷川・都成竜馬七段(32)と鈴木大介九段(47)が熱戦を演じたが、最終盤の攻防で解説していた中村修九段(59)が興奮。「竜、竜、りゅりゅりゅりゅー」と謎の言葉を発し、視聴者を大笑いさせた。
    (ABEMA TIMES)

    【【ABEMA師弟トーナメント】中村修九段、興奮して謎の”雄たけび”!!~~。】の続きを読む

    最新版

    中村 (なかむら おさむ、1962年11月7日 - )は、将棋棋士。佐伯昌優九段門下。棋士番号は143。東京都町田市出身。 昭和55年に四段に昇段(プロ入り)した強豪グループ、いわゆる「55年組」の一人で、王将のタイトルを2度獲得。竜王戦1組11期。 日本将棋連盟棋士会会長(2017年2月 - )、同女流棋士会監事(2015年6月
    25キロバイト (4,148 語) - 2021年9月22日 (水) 18:04


    大激戦かつ長手数だった模様。記録係もぐったり。受けつぶしの凄まじい将棋。中村修九段、凄いです。千田翔太七段と記録係の人、おつかれさまでした。

    69 名無し名人 :2022/01/18(火) 18:43:51.19

    持将棋模様でもないのに250越えるな
    膀胱大丈夫か


    【【王将戦】中村修九段が、千田翔太七段を受けつぶしで完封!!~~~。】の続きを読む

    このページのトップヘ