ハッピー将棋タイムズ

当サイトは、将棋界に関する情報の5chやTwitterの声をまとめています。

    カテゴリ:棋士 > 高野秀行



    高野秀行六段が棋聖戦第1局を解説 永瀬拓矢王座がキャッチャー目線で見事な配球 昨年の王座戦第1局の逆を持った
     将棋の第93期棋聖戦五番勝負第1局が3日、兵庫・淡路島(洲本市)の「ホテルニューアワジ」で指され、2度の千日手指し直しの末、挑戦者の永瀬拓矢王座(…
    (出典:スポーツ報知)


    2020年11月2日閲覧。 ^ “昇太さんの飲み仲間!愛される棋士 高野秀行六段!!” (日本語). 高田文夫のラジオビバリー昼ズ. ニッポン放送 ラジオAM1242+FM93 (2020年4月1日). 2020年8月4日閲覧。 将棋棋士一覧 日本将棋連盟プロフィール 髙野秀行 (@takanomugi) - Twitter
    10キロバイト (1,327 語) - 2022年3月10日 (木) 21:06


    対戦相手というよりは、気心の知れるバッテリーのような感じだと思っていた私の考えは甘かったようです。本局は常に永瀬さんのほうが持ち時間が残っている状態で、かなりの作戦を練っていたように感じました。

     (2度目の千日手の後の)3局目は実は永瀬さんは先手を持ってやったことのある将棋なんです。多少の違いはあるものの、昨年の木村一基九段との王座戦第1局で永瀬さんが負けてしまった将棋の逆を今回は持ってやっていたので、もちろん用意があった。本局に限れば永瀬さんの方が準備としては上回っていたかもしれないです。

     千日手をどこまで作戦とするのかは分からないですが、キャッチャーのような目線で見事な配球をしたと思います。後手番で“永瀬完勝”なので、「永瀬、恐るべし」という感じがしましたが、感想戦を見ていたらなんだか楽しそうで、やっぱりふたりはふたりでずっと将棋を指していたいのかもしれないですね。(談)

    (スポーツ報知)

    【【棋聖戦第1局振り返り】高野秀行六段「永瀬王座はキャッチャー目線の配球」!!】の続きを読む


    【将棋を通じて】高野秀行六段、次世代のこともたちを育てる!!~~~。


    「経堂・ちとふなこども将棋教室」が指し初め式 天租神社に隣接するアトリエで
     経堂の鎮守の社「天租神社」に隣接する一角にある「経堂アトリエ」(世田谷区経堂4、TEL 03-4285-1073)で1月8日、経堂在住の棋士・高野…
    (出典:みんなの経済新聞ネットワーク)


    髙野 秀行(たかの ひでゆき、1972年6月15日 - )は、将棋棋士。中原誠十六世名人門下。棋士番号は226。神奈川県横浜市出身。棋風は居飛車本格派。既婚。 7歳の頃、父から教わり将棋を始める。その後、日本将棋連盟相模原支部長の内田昭吉の自宅教室で、鈴木大介、北浜健介、勝又清和、佐藤紳哉らとともに
    10キロバイト (1,321 語) - 2021年8月21日 (土) 14:40


    高野秀行六段、素晴らしい活動をなさってます。将棋を通じて、子供たちの大いに得るものがありそうですね。

    【【将棋を通じて】高野秀行六段、次世代のこともたちを育てる!!~~~。】の続きを読む

    このページのトップヘ