【将棋を通じて】高野秀行六段、次世代のこともたちを育てる!!~~~。


「経堂・ちとふなこども将棋教室」が指し初め式 天租神社に隣接するアトリエで
 経堂の鎮守の社「天租神社」に隣接する一角にある「経堂アトリエ」(世田谷区経堂4、TEL 03-4285-1073)で1月8日、経堂在住の棋士・高野…
(出典:みんなの経済新聞ネットワーク)


髙野 秀行(たかの ひでゆき、1972年6月15日 - )は、将棋棋士。中原誠十六世名人門下。棋士番号は226。神奈川県横浜市出身。棋風は居飛車本格派。既婚。 7歳の頃、父から教わり将棋を始める。その後、日本将棋連盟相模原支部長の内田昭吉の自宅教室で、鈴木大介、北浜健介、勝又清和、佐藤紳哉らとともに
10キロバイト (1,321 語) - 2021年8月21日 (土) 14:40


高野秀行六段、素晴らしい活動をなさってます。将棋を通じて、子供たちの大いに得るものがありそうですね。

【【将棋を通じて】高野秀行六段、次世代のこともたちを育てる!!~~~。】の続きを読む