ハッピー将棋タイムズ

当サイトは、将棋界に関する情報の5chやTwitterの声をまとめています。

    カテゴリ:棋士 > 豊川孝弘



    ハンカチ必須!渡辺和史五段の“母からの手紙”に将棋界のギャグ王・豊川孝弘七段も思わずホロリ涙/将棋・ABEMA師弟トーナメント
     将棋界のギャグ王も、感涙を止めることは出来なかった。8組の師弟により“最強の師弟”を決める超早指し戦「ABEMA師弟トーナメント2022」はいよい…
    (出典:ABEMA TIMES)


    渡辺 和史(わたなべ かずし、1994年10月6日 - )は、東京都新宿区出身の将棋棋士。東京都立白鷗高等学校・附属中学校、大正大学文学部歴史学科(日本コース)卒業。豊川孝弘七段門下。棋士番号は319。 1999年(5歳頃)、父が突然仕事帰りに将棋の盤と駒を買ってきた事がきっかけに始める。…
    6キロバイト (797 語) - 2023年1月15日 (日) 14:33


    豊川七段が「メッセージを預かっています」と取り出したのは一通の手紙。差出人は渡辺五段の母だった。幼少期、修行時代から振り返り、プロの棋士の道を選んだ愛息へ「今だから話せますが…」と母親の心境を吐露。2人は、「一局一局平常心で力を尽くせるようにと祈り、明るく前向きにサポートするように心がけましたが、うまくいったかどうか…」と寄せられたメッセージを噛みしめるように聞き入った。

     手紙には師匠への深い感謝の気持ちも込められており、愛弟子の長く苦しい奨励会時代を思い起こした豊川七段の目には光るものが。普段、口を開けば矢継ぎ早にダジャレを炸裂させるギャグ王も、「素晴らしいですね、あのね…うん…」と言葉が続かない。感涙がこらえきれなくなると、後ろを向いてハンカチで目元をぬぐっていた。

     誰よりも身近で渡辺五段をサポートし続けた家族からの手紙とあり、ファンからは「あれ?目から汗が…」「楽しく観てたら最後泣いてしまった」「素敵な師弟ですね」「これは電車で見たら大変」「あかん、これは泣くやつ」「この師弟の雰囲気が一番好きかも」「泣かせないでよ~」「もらい泣きしちゃった」と多くの反響が寄せられた。
    (ABEMA TIMES)

    【【渡辺和史五段の“母からの手紙”】将棋界の”爆笑王”である師匠も思わず涙!!~~~。】の続きを読む



    「師匠のおかげ」「和史様々」豊川孝弘七段、愛弟子と息ぴったりコンビネーションで前回準優勝チーム鈴木に勝利!/将棋・ABEMA師弟トーナメント
     二人三脚、見事なチームプレーが光った。8組の師弟により“最強の師弟”を決める超早指し戦「ABEMA師弟トーナメント2022」の予選Aリーグ2位決定…
    (出典:ABEMA TIMES)


    豊川 孝弘(とよかわ たかひろ、1967年2月20日 - )は、将棋棋士。東京都杉並区出身。棋士番号200。関屋喜代作八門下。 将棋のルールを覚えたのは小学3~4年の頃であったが、本格的に指し始めたのは、クラスで将棋が流行った中学1年の頃であり、その後にプロとなった人物としては、かなり遅い部類に…
    9キロバイト (1,352 語) - 2022年11月19日 (土) 09:23


    二人三脚、見事なチームプレーが光った。8組の師弟により“最強の師弟”を決める超早指し戦「ABEMA師弟トーナメント2022」の予選Aリーグ2位決定1回戦、チーム鈴木VSチーム豊川が12月17日に放送された。予選突破に向け、負けたら終わりの重要な一戦。一進一退の攻防の末、フルセットの大激戦を制したのは豊川孝弘七段(55)&渡辺和史五段(28)のチーム豊川だった。前回準優勝の強敵・チーム鈴木を撃破した勝因は、朗らかなチームの雰囲気と師弟の絆。勢いそのままに、本戦進出を誓った。
    (ABEMA TIMES)

    【【ABEMA師弟トーナメント】豊川孝弘七段、渡辺和史五段とのナイスコンビネーション!!~~~。】の続きを読む



    「ガチで恐怖映像w」将棋界のギャグ王・豊川孝弘七段が顔面蒼白「夢に出てくるよ…」巨大クライミングアトラクションに愛弟子・渡辺和史五段と挑戦!/将棋・ABEMA師弟トーナメント
     8組の師弟により“最強の師弟”を決める超早指し戦「ABEMA師弟トーナメント2022」に初出場となった豊川孝弘七段(55)&渡辺和史五段(28)の…
    (出典:ABEMA TIMES)


    豊川 孝弘(とよかわ たかひろ、1967年2月20日 - )は、将棋棋士。東京都杉並区出身。棋士番号200。関屋喜代作八段門下。 将棋のルールを覚えたのは小学3~4年の頃であったが、本格的に指し始めたのは、クラスで将棋が流行った中学1年の頃であり、その後にプロとなった人物としては、かなり遅い部類に…
    9キロバイト (1,352 語) - 2022年11月19日 (土) 09:23


    顔面蒼白になって模様ですwww

    【【将棋界のギャグ王】豊川孝弘七段が、巨大クライミングアトラクションに挑戦!!~~~。】の続きを読む



    豊川孝弘七段「何も失うものないよ!」「休ませてあげる!」負けた弟子への愛情あふれる声かけが話題「こういう関係いいな」「理想の上司」/将棋・ABEMA師弟トーナメント
     理想の上司ランキング入りも近い!?8組の師弟で“最強の師弟”を決める超早指し戦「ABEMA師弟トーナメント2022」の予選Aリーグ1回戦・第2試合…
    (出典:ABEMA TIMES)


    豊川 孝弘(とよかわ たかひろ、1967年2月20日 - )は、将棋棋士。東京都杉並区出身。棋士番号200。関屋喜代作八門下。 将棋のルールを覚えたのは小学3~4年の頃であったが、本格的に指し始めたのは、クラスで将棋が流行った中学1年の頃であり、その後にプロとなった人物としては、かなり遅い部類に…
    9キロバイト (1,352 語) - 2022年11月19日 (土) 09:23


    理想の上司ランキング入りも近い!?8組の師弟で“最強の師弟”を決める超早指し戦「ABEMA師弟トーナメント2022」の予選Aリーグ1回戦・第2試合、チーム谷川とチーム豊川が12月3日に放送された。豊川孝弘七段(55)は愛弟子・渡辺和史五段(28)とタッグを組み初出場。熱戦の末、敗れて戻った弟子に対し「何も失うものないよ!」「休ませてあげる!」と明るく声をかけ労う様子に、視聴者から「こういう関係いいなー」「理想の上司です!」など大きな反響を呼んだ。
    (ABEMA TIMES)

    【【ダジャレだけではない】豊川孝弘七段、弟子への愛情で「株」急上昇!!】の続きを読む



    将棋界のギャグ王・豊川孝弘七段も愛弟子のプロ入りにはしみじみ「親御さんは大変」/将棋・ABEMA師弟トーナメント
     ひとこと発すれば周囲を笑いの渦へと引き込む将棋界のギャグ王も、愛弟子のプロ入りへの道のりを振り返ると、ついしみじみとなる。「ABEMA師弟トーナメ…
    (出典:ABEMA TIMES)


    豊川 孝弘(とよかわ たかひろ、1967年2月20日 - )は、将棋棋士。東京都杉並区出身。棋士番号200。関屋喜代作八段門下。 将棋のルールを覚えたのは小学3~4年の頃であったが、本格的に指し始めたのは、クラスで将棋が流行った中学1年の頃であり、その後にプロとなった人物としては、かなり遅い部類に…
    9キロバイト (1,352 語) - 2022年11月19日 (土) 09:23


    ひとこと発すれば周囲を笑いの渦へと引き込む将棋界のギャグ王も、愛弟子のプロ入りへの道のりを振り返ると、ついしみじみとなる。「ABEMA師弟トーナメント2022」に先立ち11月19日に放送された「師匠サミット」で、大会初参加となった豊川孝弘七段(55)が、渡辺和史五段(28)と渡辺五段の母との思い出を語った。プロ入りの年齢制限がある中、目前で足踏みした数年は悔しい本人だけでなく、見守る師匠と親にとってもつらい日々だったようだ。
    (ABEMA TIMES)

    【【将棋界のギャク王】豊川孝弘七段も愛弟子のプロ入りにはしみじみ!!~~~。】の続きを読む



    「年甲斐もなくキンチョール」豊川孝弘七段、大会初参戦 師弟で優勝なら「泣くでしょうね」/将棋・ABEMA師弟トーナメント
     師弟で肩を組んでの戦いを前に、ベテランも少し笑顔がひきつった(?)8組の師弟により“最強の師弟”を決める超早指し戦「ABEMA師弟トーナメント20…
    (出典:ABEMA TIMES)


    豊川 孝弘(とよかわ たかひろ、1967年2月20日 - )は、将棋棋士。東京都杉並区出身。棋士番号200。関屋喜代作八門下。 将棋のルールを覚えたのは小学3~4年の頃であったが、本格的に指し始めたのは、クラスで将棋が流行った中学1年の頃であり、その後にプロとなった人物としては、かなり遅い部類に…
    8キロバイト (1,301 語) - 2022年2月12日 (土) 15:39


    師弟で肩を組んでの戦いを前に、ベテランも少し笑顔がひきつった(?)8組の師弟により“最強の師弟”を決める超早指し戦「ABEMA師弟トーナメント2022」が、11月19日から放送開始となる。豊川孝弘七段(55)は渡辺和史五段(28)とのコンビで、大会に初参戦する。「いやあ、年甲斐もなく違った意味でキンチョール(緊張)ですよ」と、インタビューでいきなり得意のおやじギャグを飛ばしたが、笑いの中にも弟子と戦うことに対してのプレッシャーがほんのり。強豪師弟がずらりと揃う中で、周囲も「驚きマンモス」な快進撃を見せられるか。
    (ABEMA TIMES)

    【【豊川孝弘七段】ABEMA師弟トーナメント参戦、ギャク炸裂を期待!!~~~。】の続きを読む



    豊川 孝弘(とよかわ たかひろ、1967年2月20日 - )は、将棋棋士。東京都杉並区出身。棋士番号200。関屋喜代作八段門下。 将棋のルールを覚えたのは小学3~4年の頃であったが、本格的に指し始めたのは、クラスで将棋が流行った中学1年の頃であり、その後にプロとなった人物としては、かなり遅い部類に…
    8キロバイト (1,301 語) - 2022年2月12日 (土) 15:39



    【【豊川孝弘七段】”将棋ハウスみどり”でトークライブが開催される模様!!~~~。】の続きを読む


    豊川 孝弘(とよかわ たかひろ、1967年2月20日 - )は、将棋棋士。東京都杉並区出身。棋士番号200。関屋喜代作八段門下。 将棋のルールを覚えたのは小学3~4年の頃であったが、本格的に指し始めたのは、クラスで将棋が流行った中学1年の頃であり、その後にプロとなった人物としては、かなり遅い部類に
    8キロバイト (1,301 語) - 2022年2月12日 (土) 15:39
    勝利した豊川七段、敗れた近藤七段ともに2勝1敗。近藤七段はやっぱりゴキゲン中飛車なのね。おつおめ。

    533 名無し名人 (ワッチョイ 0101-Xr+t) :2022/08/12(金) 22:08:06.88ID:S1bE02040
    豊川おめ、近藤正おつ。
    見事な逆転勝率でした。
    ヘップバーン

    【【順位戦C級2組】豊川孝弘七段が近藤正和七段に勝利!!~~~。】の続きを読む


    豊川 孝弘(とよかわ たかひろ、1967年2月20日 - )は、将棋棋士。東京都杉並区出身。棋士番号200。関屋喜代作八段門下。 将棋のルールを覚えたのは小学3~4年の頃であったが、本格的に指し始めたのは、クラスで将棋が流行った中学1年の頃であり、その後にプロとなった人物としては、かなり遅い部類に
    8キロバイト (1,301 語) - 2022年2月12日 (土) 15:39
    豊川七段、素晴らしい。佐々木大地七段も期待されているだけにこの初戦の敗退は痛いな。

    217 名無し名人 (ワッチョイ 3b5f-hKxS) :2022/06/23(木) 23:23:50.54
    大地そんなにC2の番人続けたいのか

    【【順位戦C級2組】豊川孝弘七段が若手強豪の佐々木大地七段を破る!!】の続きを読む



    小林 健二(こばやし けんじ、1957年3月31日 - )は、将棋棋士。棋士番号123。香川県高松市出身。板谷進九段門下。竜王戦1組通算1期、順位戦A級通算4期。 1972年に14歳で板谷門下に入門。同年4月に東京・将棋会館の塾生となるが、しばらくすると体調を崩してしまう。そのため師匠の板谷を頼っ
    11キロバイト (1,478 語) - 2022年5月3日 (火) 09:37


    以下は小林健二九段のインタビュー記事

    師匠のかばん持ちをしながらの修業生活。天井の格子が盤に見え、夢の中で駒を動かすほど将棋に打ち込み、18歳でプロ棋士になることができました。その際、師匠は「将棋指しと付き合うな。いろんな世界を見なさい」とひと言。この言葉がきっかけとなり、私は海外での将棋普及にも努めるようになりました。

     奨励会時代はずっと悪かった胃潰瘍も、プロ入りと同時に完治しました。きっと早くプロ棋士にならなければというプレッシャーが、体に悪かったのでしょう。人生は良いこともあれば悪いこともあります。悪くなったときにどれだけ前を向けるかが大事だと思います。
    (中日新聞)

    【【辛くても前を向く】小林健二九段おおいに語る、そして今はビールが旨い!!~~~。】の続きを読む

    このページのトップヘ