【マスクルール】将棋連盟の「臨時対局規定」が波紋!!~~~。


マスクをしなければ負け…将棋新ルールに反マスク派棋士の言い分「強制されるのは心外」
…〈対局者が第一条の規定に反したときは(略)反則負けとする。〉  マスクをしなければ負け、という厳格な規定だ。  後日、連盟から棋士たちに送られてきた説…
(出典:文春オンライン)


日浦 市郎(ひうら いちろう、1966年3月4 - )は、将棋棋士。安恵照剛八段門下。棋士番号は164。北海道静内郡静内町(現日高郡新ひだか町)出身。 1976年、小学5年で第1回小学生将棋名人戦で準優勝。1980年11月、中学3年時に6級で奨励会に入会。 1984年、18歳で四段昇段( =
12キロバイト (1,917 語) - 2022年2月15日 (火) 12:39


〈第一条 対局者は、対局中は、一時的な場合を除き、マスク(原則として不織布)を着用しなければならない。〉
 日本将棋連盟が2月1日より実施した「臨時対局規定」が棋士たちの間に“盤外戦”を呼び起こしている。
(文春オンライン)

【【マスクルール】将棋連盟の「臨時対局規定」が波紋!!~~~。】の続きを読む