若手棋士たちの燃える一局 他の棋士から絶賛集まる「こういう将棋が指したい」「いいもの見ました」/将棋・ABEMAトーナメント
…の伊藤匠五段(19)が「いいもの見ました」と同調。また解説を務めていた佐藤慎一五段(39)も「かなり名局。解説していて汗かきました。スリリングな将棋」と絶賛していた。
(出典:ABEMA TIMES)


佐藤 慎一(さとう しんいち、1982年8月16日 - )は、将棋棋士。東京都練馬区出身。剱持松二門下。棋士番号は271。 1994年9月、当時12歳で 奨励会入会。三段リーグへは2001年4月からの第29回に初参加となったが、いきなり降段点(4勝以下で降段点、2期連続4勝以下の場合は二段に陥落する)を付ける苦しい展開だった。
5キロバイト (676 語) - 2021年8月7日 (土) 07:30


佐藤慎一五段が、Twitterでアドバイスされてます。そうか右四間って確かに基本的な攻めの勉強になるよね。飛角銀桂全部使うし。王手飛車をくらわないように注意するようになるって効用もあるのか。なるほど、さすが指導者はいろいろ考えるんだね。

【【お勧め戦法】佐藤慎一五段、6級くらいの居飛車党なら右四間!!~~~。】の続きを読む